« 図書新聞・2016年12月24日号(広告掲載) | メイン | 神奈川近代文学館 スポット展示「佐瀬蘭舟(させらんしゅう)旧蔵ほか夏目漱石資料~近年の収蔵資料から~」(2016年12月3日(土)~2017年1月22日(日)) »

2016年12月28日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●神奈川近代文学館 企画展・収蔵コレクション展16「全身小説家・井上光晴展」(2017年1月28日(土)~3月20日(月・祝))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.kanabun.or.jp/exhibition/5640/

--------------------

井上光晴(いのうえ・みつはる 1926-1992)は、福岡県の久留米に生まれ、長崎県の軍港の街・佐世保や炭坑の島・崎戸で貧しい少年時代を過ごします。作り話が得意なため、小説家として天分を覗かせる一方、戦時下では純心な皇国少年であったといいます。しかし19歳で迎えた敗戦によりそれまでの価値観を覆され、日本共産党に入党。1950年、党活動における苦悩や組織内の矛盾を描いた「書かれざる一章」で注目を浴び、本格的な作家活動に入りました。以後虚実を巧みに織りまぜた独自の作品世界を築き、社会、時代の暗部に鋭く斬り込んだ小説を数多く執筆。癌に倒れた最期の瞬間まで小説家であり続けようとしたその作家人生は、生き方全てが小説を書くことと一体化していました。長年親しく交わった埴谷雄高は、後輩作家のこの姿を「全身小説家」と名付けました。
本展では、ご遺族から寄贈いただいた収蔵コレクションを中心に、全身小説家・井上光晴の生涯と作品を紹介します。

※同時開催=
常設展「文学の森へ 神奈川と作家たち 第1部 夏目漱石から萩原朔太郎まで」→詳細
コーナー展示「ロンドンの漱石」→詳細

【会期】
2017年(平成29年)1月28日(土)~3月20日(月・祝)
休館日は月曜日(3月20日は開館)
【開館時間】
午前9時30分~午後5時(入館は4時30分まで)
【会場】
神奈川近代文学館第2展示室
【観覧料】
一般400円(300円)、65歳以上/20歳未満及び学生200円(150円)、高校生100円、中学生以下無料
*(  )内は20名以上の団体料金
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は無料(詳しくはお問い合わせください)
※東日本大震災の罹災証明書、被災証明書等の提示で無料
【主催】
県立神奈川近代文学館、公益財団法人神奈川文学振興会
【後援】
NHK横浜放送局、FMヨコハマ、神奈川新聞社、tvk(テレビ神奈川)
【協賛】
講談社、東京急行電鉄、神奈川近代文学館を支援(サポート)する会
【広報協力】
KAAT 神奈川芸術劇場


●グーグル提供広告