« 國學院大学文学部講演会 スプツニ子!が語る神道と神話「神話が未来になる日」(平成28年12月16日(金)、渋谷キャンパス) | メイン | ぱくきょんみ講演会「ことばと出会う」(2016年12月17日(土)、國學院大學渋谷キャンパス) »

2016年12月15日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●第1回森敦研究会「森敦研究〈わたし〉が語る」(平成28年12月17日(土)、國學院大學渋谷キャンパス)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.kokugakuin.ac.jp/letters/bun07_00079.html

--------------------

森敦研究〈わたし〉が語る

日時 平成28年12月17日(土) 13:00~17:10

場所 國學院大學渋谷キャンパス1号館1105教室・1102教室
   アクセス:http://www.kokugakuin.ac.jp/guide/access_shibuya.html

主催 日本学術振興会平成28年度科学研究費助成事業(基盤研究(C))
   「自筆資料および実地踏査による森敦文学の総合的研究」
   研究代表者 井上明芳 研究課題番号16K02417

内容 13:00~13:30(受付12:30~)
   開会挨拶・研究成果中間報告〈わたし〉の技法(1105教室)
     井上明芳(國學院大學文学部准教授)

13:50~16:10
   シンポジウム〈わたし〉が語る(1105教室)

13:50~14:20
 基調発表
     〈汎通する自己〉としての作品
      -『意味の変容』から『酩酊船』へ遡行する―
     黒田大河(滋賀大学教育学部特任准教授)

14:20~14:50 
基調発表
     方法としての〈わたし〉
      -『われ逝くもののごとく』への道程―
     中村三春(北海道大学大学院教授)

15:20~16:10
    全体討議

16:30~17:10
   講演
    森敦『われ逝くもののごとく』の執筆秘話
     森富子

森敦研究会による研究成果発表(1102教室)
 テーマ「理論」「作品」「草稿」「年譜」に基づいたアクティブ・ラーニング
 新木悠吾+山田愛美+齋藤樹里+伊藤秋絵+須賀菜穂子+小玉瞭平+廣松大煕 +夏田公理+山本美紀(創価大学助教)
 *1105教室での催しの休憩時間中に実施。

申し込み方法
*参加無料。事前申し込み不要。当日直接お越しください。
*学術的、専門的な内容になります。

このページに対するお問い合せ先: 文学部1017(井上)研究室


●グーグル提供広告