« 和紙文化研究会 11月例会(2016年11月19日(土)、小津和紙本社ビル 6階会議室 ※要申込【11.16まで】) | メイン | 国立歴史民俗博物館・『もの』からみる近世「百貨店と近世の染織」(第3展示室)(2016年10月18日(火)~ 12月18日(日)) »

2016年11月10日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●「臺灣華文電子書庫」の目玉はこれだ(Cask Strength)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【  日本時代の出版物など1万冊以上 電子化資料が無料閲覧可能に/台湾 | 社会 | 中央社フォーカス台湾
 サイトはコチラ→ 臺灣華文電子書庫 実に素晴らしい。これから増補されてさらに充実することを願います。
 なにしろ約14,000点あるということなので、もちろんまだ全て確認したわけではないのですが、気づいたなかで、お!と個人的に目をひいたものをご紹介します。あくまでも「気づいた」ものだけなので、ほかにもたくさん有用な資料があるでしょう。御教示いただければ幸いです。評価が定まっていない現代の著作や、ほかのデータベースで参照できるものもとりあえず除外しました。(まあこの二つの縛りをかけるととりあげるものが激減するのですが・・)】
つづきはこちらから。Cask Strength。
http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20161110/1478707648


●グーグル提供広告