« 松代城:真田信之の鷹狩りを再現へ 古文書発見で企画 - 毎日新聞 【長野県短大の二本松泰子准教授が20日に】(毎日新聞) | メイン | 【日文研・アイハウス連携フォーラム】志賀直哉の文学:外国語からの養分 講師: 郭燕南氏(2017年1月20日(金)、国際文化会館 ※要申込) »

2016年11月10日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●池澤夏樹=個人編集 日本文学全集 第II期完結記念トークイベント 「今の言葉で古典! 枕草子から平家物語まで」(2016年12月21日(水)、浜離宮朝日ホール 小ホール ●料金:2,000円)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講演会情報です。

●情報入手はこちら
http://www.jiji.com/jc/article?k=000000056.000012754&g=prt

--------------------

【2014年11月より刊行をスタートした「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集(全30巻)」(河出書房新社刊)。刊行開始から2年、この12月についに第II期全24巻が完結する。

11月は、
「春はあけぼの......」
「ゆく河の流れは絶えずして......」
「つれづれなるままに、日くらし硯にむかひて......」
誰もが知るこれらの一節からはじまる三大随筆を現代の名手たちが訳した第7巻『枕草子/方丈記/徒然草』(酒井順子/高橋源一郎/内田樹訳)、
12月には第1巻『古事記』以来の作家単独訳の巻にして、完全新訳となる第9巻『平家物語』(古川日出男訳)が発売となる。

12月21日には、第II期完結を記念したトークイベントを浜離宮朝日ホールにて開催。
編者の池澤氏を迎えて、古典を現代に翻訳することの魅力を第一線の作家たちが語りあう、ここでしか聞けないエピソード満載の華やかな共演をぜひお見逃しなく。】

【イベント詳細】
池澤夏樹=個人編集 日本文学全集 第II期完結記念トークイベント
「今の言葉で古典! 枕草子から平家物語まで」

第1部「枕草子・方丈記・徒然草、エッセーの始まり」
酒井順子×高橋源一郎×内田樹

第2部「この国の歴史は輪廻する―--平家物語と日本文学」
古川日出男×池澤夏樹 

●日時:12月21日(水)
開演 18:30 開場 18:00

●会場:浜離宮朝日ホール 小ホール

●料金:2,000円(全席自由/税込)
【チケット取扱い】
PassMarket *web受付のみ
http://passmarket.yahoo.co.jp

●お問合せ
tel.03-3404-1201(河出書房新社 平日9:30~17:30)
mail. info@kawade.co.jp

主催:河出書房新社


●グーグル提供広告