« 高橋麻織『源氏物語の政治学 史実・准拠・歴史物語』(笠間書院) | メイン | 2016年度歌舞伎学会秋季大会(2016年12月10日(土)、11日(日)、二松學舍大学九段キャンパス) »

2016年11月29日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●日文研共同研究「投企する古典性―視覚/大衆/現代」(平成28年12月3日(土)、4日(日)、慶應義塾大学三田キャンパス 研究室棟B会議室、研究者限定、要事前申し込み)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://ryufu2.blog.fc2.com/blog-entry-1256.html

--------------------

【今年度からスタートした、日文研共同研究「投企する古典性―視覚/大衆/現代」を、慶應義塾大学で開催します。
研究者限定です。事前に参加希望をお伝えくださるか、共同研究員どなたかとご一緒にお越しください。】

会場:慶應義塾大学三田キャンパス 研究室棟B会議室
古典教育研究会(ビルの玄関の表示には「古典教育」と出ます)と共催のかたちです。
下記マップ参照。
https://www.keio.ac.jp/ja/maps/mita.html
キャンパス図10番の建物

プログラムは以下の通りです。
ハイデルベルク大学での四ヶ月の滞在からご帰国された飯倉洋一氏、ロンドン大学SOASでの一ヶ月の研修から帰国された石上阿希氏、また、寺院資料調査・研究とともに、記家文字やくずし字について、幅広い教育・研究活動を行っている渡辺麻里子氏の三名のご発表を軸に、海外での古典研究、文献調査、またくずし字読解など、今日的トピックを通じて、普段とは異なる場で、多角的に議論を展開できればと思っております。


日時:平成28年12月3日(土)、4日(日)

12月3日(土)
13:30~14:00
事務手続き・諸連絡1
14:00~15:30
研究発表1
石上阿希(国際日本文化研究センター)
「2016年ロンドン調査・見聞報告」
15:30~16:00 コーヒーブレイク

16:00~17:30
研究発表2
渡辺麻里子(弘前大学)
「寺院資料調査の意義と記家文字資料」
17:30~18:00
関連報告・打ち合わせなど
18:30~懇親会(予定)

12月4日(日)
9:30~10:00
事務手続き・諸連絡2
10:00~11:30
研究発表3
飯倉洋一(大阪大学)
「国際的くずし字教育の現状と展望―学習アプリKuLAの利用を中心に―」

11:30~12:30 
総合討議


●グーグル提供広告