« 国文学研究資料館学術情報リポジトリが『国際日本文学研究集会』第31回~第35回を公開(平成28年11月18日) | メイン | 筑波大学附属坂戸高等学校・高等学校(国語科)教諭の公募(2016年12月16日 必着) »

2016年11月21日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●東洋大学東洋学研究所 公開講演会「日本の文学は何をどう描こうとしたのか─和歌・連歌・俳諧の位相─」講師:廣木一人氏(平成28年12月3日(土)、白山キャンパス)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講演会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.toyo.ac.jp/site/toyogaku/115708.html

--------------------

東洋大学東洋学研究所
公開講演会

日本の文学は何をどう描こうとしたのか
 ─和歌・連歌・俳諧の位相─

廣木一人 先生
(青山学院大学教授) 

日時: 平成28年12月3日(土)午後3時より
場所: 東洋大学白山キャンパス 6号館2階 6203教室

講演要旨:
文学(和歌・連歌)が描くべき題材は『古今集』に示されて以来、ほとんど変わることがなかった。文学で扱うべき内容は10世紀に定まったと言ってよい。その後の歌論・連歌論が問題にしたのは、その題材の深化とその表現法であった。それが大きく変化したのは俳諧という文学運動によってである。それは文学破壊運動だったとも言える。その破壊された文学の立て直しを試みたのが、芭蕉であった。以上のような見通しのもと、日本の韻文学史を問い直す。

講演者 廣木一人(ひろき かずひと)先生のプロフィール:
横浜生。和歌・連歌専攻。中世文学会・和歌文学会・能楽学会・俳文学会所属。主要編著に『新撰菟玖波集全釈』第1~8巻(共編)三弥井書店、『中世歌論撰』(共編)三弥井書店、『連歌史試論』新典社、『連歌の心と会席』風間書房、『ギリシア劇と能の再生』(共編)水声社、『連歌辞典』東京堂出版、『連歌師という旅人 宗祇越後府中への旅』三弥井書店、『歌枕辞典』東京堂出版、『室町の権力と連歌師宗祇 出生から種玉庵結庵まで』三弥井書店、『連歌大観 第1巻』古典ライブラリー等。

*講演会終了後、研究交流会(懇親会)を行います。
*定員100名 入場無料・予約不要 皆様のご参会をお待ち申しあげます。
お問い合わせ先:東洋大学東洋学研究所(東洋大学白山校舎2号館5階)
Tel 03-3945-7483 fax 03-3945-7483


●グーグル提供広告