« 千葉市美術館・文人として生きる− 浦上玉堂と春琴・秋琴 父子の芸術(2016年11月10日(木)~ 12月18日(日)) | メイン | 盛岡市先人記念館・第56回企画展「常磐津林中-花盛岡街賑(はなのもりおかちまたのにぎわい)-」(2016年10月1日(土)~12月4日(日)) »

2016年11月11日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●東アジア古典学の方法 第24回 次世代ロンド(4)(2016年12月2日(金)、京都大学吉田南キャンパス)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://eacs.c.u-tokyo.ac.jp/ja/events/2016/194/

--------------------

東アジア古典学の方法 第24回
次世代ロンド(4)
日時2016年12月2日(金)14:00会場京都大学吉田南キャンパス 吉田南総合館・南棟334室講師クリストファー リーブズ(国文学研究資料館)、マシュー フレーリ(ブランダイス大学)

基本情報
概要
クリストファー リーブズ(国文学研究資料館 助教)
「江戸・明朝・西洋の類書を比べる――専安の『唐土訓蒙図彙』を例にして」

マシュー フレーリ(ブランダイス大学 准教授)
「欧米の研究者は日本漢詩文をどのように捉えてきたか」

コメンテーター
黄 一丁(京都大学大学院 博士課程) 宋 晗(東京大学大学院 博士課程)
趙 偵宇(京都大学大学院 修士課程) 飛田 英伸(東京大学大学院 博士課程)

主催
科研プログラム「東アジア古典学の次世代拠点形成──国際連携による研究と教育の加速」

*「次世代ロンド」とは、2016年度より当科研が立ち上げた研究会で、若手研究者による研究発表・討議を通して所属機関の枠を超えた研究交流の促進を図るものです。


●グーグル提供広告