« 東アジア古典学の方法 第24回 次世代ロンド(4)(2016年12月2日(金)、京都大学吉田南キャンパス) | メイン | 軍記・語り物研究会 第411回例会(2016年秋例会)(2016年11月20日(日)、法政大学市ヶ谷キャンパス) »

2016年11月11日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●盛岡市先人記念館・第56回企画展「常磐津林中-花盛岡街賑(はなのもりおかちまたのにぎわい)-」(2016年10月1日(土)~12月4日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展覧会情報です。

●公式サイトはこちら
http://bit.ly/2eOoz1t

--------------------

【幕末から明治にかけて活躍した常磐津の名人・常磐津林中(1842-1906)。江戸で生まれ11代目の家元を務めた彼は、父の故郷である盛岡に約4年間滞在して地元の芸妓たちに稽古をつけ、洗練された文化を根付かせました。9代目市川団十郎たっての希望で東京に戻った後も、盛岡との交流を絶やさなかった林中の存在が、今なお盛んな盛岡の芸能文化に大きな影響を与えています。この展示では彼の没後110年を記念し、その生涯と業績を紹介します。】

◆主な展示資料◆
常磐津林中唄本(常磐津英寿氏寄贈)
寺崎廣業屏風「神功皇后三韓征伐図」(盛岡八幡宮蔵)
常磐津文字久旧蔵三味線(長岡ヒサ氏旧蔵)

開催期間:2016年10月1日(土)~12月4日(日)
入館料・料金:
一般:300円(団体:240円) ・高校生:200円(団体:160円) ・小中学生:100円(団体80円) *団体料金は30名より
場所:盛岡市先人記念館2階企画展示コーナー


●グーグル提供広告