« ハリス理化学館同志社ギャラリー第10回企画展「二条家文書の世界」【即位灌頂(重要文化財)文書17点を公開】(2016年 11月 19日〜12月 3日) | メイン | 東海近世文学会12月例会(第266回)(平成28年12月10日(土)、熱田神宮文化殿2階会議室) »

2016年11月26日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●大正イマジュリィ学会第38回研究会:資料検討会のお知らせ【テーマ1:銅・石版印刷の行方を考える】【テーマ2:自由資料展示】(2016年12月7日(水)、同志社大学今出川校 徳照館2階第一共同利用室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://d.hatena.ne.jp/taisho-imagery/20161126/1480153572

--------------------

あれやこれや・がやがや「実物イマジュリィ資料」を見て語りあう会

日時:2016年12月7日(水) 13:00-15:00
会場:同志社大学今出川校 徳照館2階第一共同利用室

【テーマ1:銅・石版印刷の行方を考える】

明治から大正にかけては、複製芸術の印刷の質が大きく変わりました。今回は、それに焦点を当てて、研究資料を持ち寄りたいと思います。もちろん参考としての木版印刷も可です。また、皆で検討してもらいたいものの持ち込みもOK。「みんなで鑑定会」をしましょう。(担当:熊田司)

【テーマ2:自由資料展示】

自分でも分からないもの、ちょっと誰かに見せたいものを展示します。各自5分ほどの説明をして下さい。(担当:山田俊幸)


●グーグル提供広告