« 明星大学人文学部日本文化学科 国際シンポジウム「世界の写本、日本の写本―出版時代のきらめき」(2017年1月9日(月祝)14:00~17:00、明星大学日野キャンパス アカデミーホール(28号館204号室)) | メイン | 中京大学文学部/書道講演会「書」のなぜ?どうして?を探求する―私の書写・書道の研究方法― 講師:廣瀬裕之氏(2016年12月10日(土)) »

2016年11月30日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●第37回[特別編]ARCセミナー/小松和彦講演会「国芳『安達原一ツ家之図』を読み解く」(2017年1月13日(金)、【衣笠】立命館大学アート・リサーチセンター)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

セミナー情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.arc.ritsumei.ac.jp/lib/app/news/pc/001266.html

--------------------

第37回 [特別編] ARCセミナーを開催いたします。
「国芳『安達原一ツ家之図』を読み解く」
講師: 小松 和彦 (国際日本文化研究センタ- 所長)
2017年1月13日(金) 16:30-18:00
【衣笠】立命館大学アート・リサーチセンター2F 多目的ルーム
参加無料(予約不要)

[主催] 立命館大学アート・リサーチセンター

小松和彦(こまつ・かずひこ)

国際日本文化研究センター所長。専門は、民俗学・文化人類学。1947年東京都生まれ。東京都立大学大学院社会科学研究科博士課程単位取得退学。信州大学助教授、大阪大学文学部助教授及び教授を経て、1997年より国際日本文化研究センター教授。その後2010年より同センター副所長を兼務、2012年4月より現職。2013年紫綬褒章受章。2016年文化功労者。著書は、『神々の精神史』(講談社学術文庫)、『憑霊信仰論』(講談社学術文庫)、『異人論』(ちくま学芸文庫)、『悪霊論』(ちくま学芸文庫)、『妖怪学新考』(小学館ライブラリー)、『いざなぎ流の研究』(角川学芸出版)、『妖怪文化入門』(角川文庫)、『「伝説」はなぜ生まれたか』(角川学芸出版)、『呪いと日本人』(角川ソフィア文庫)など多数。

※一般の方もインターネットでご参加いただけます。


●グーグル提供広告