« 日本の近代戯曲研修セミナーin東海2016<歌舞伎と近代戯曲~真山青果と岡本綺堂>(2017年1月27日(金)・28日(土)、名古屋市北文化小劇場 ※要チケット) | メイン | 和紙文化研究会 11月例会(2016年11月19日(土)、小津和紙本社ビル 6階会議室 ※要申込【11.16まで】) »

2016年11月 9日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●国立公文書館 平成28年度 第3回企画展「書物を愛する人々」(平成28年10月29日(土)〜12月17日(土))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.archives.go.jp/exhibition/index.html#ex_2810

--------------------

【展示会】
会期 平成28年10月29日(土)〜12月17日(土)
開催時間 月~土曜日 午前9時15分〜午後5時00分
※日曜、祝日は休止
(但し、11月3日(木・祝)は開館)
会場 国立公文書館 本館
入場料 無料

【関連イベント】ギャラリー・トーク
日時 平成28年11月2日(水)、11月30日(水)午後2時~午後2時30分
場所 国立公文書館(千代田区北の丸公園3-2)1階展示場
企画展の見所について企画者が解説します。事前申込みは不要です。

【関連イベント】千代田区ミュージアムセミナー
※会場は、当館ではありませんので、ご注意ください。
日時 平成28年11月10日(木) 午後7時~午後8時30分 (午後6時30分開場)
場所 千代田区役所4階=401会議室
定員 50名(事前申込み制・先着順)※千代田区立図書館の利用登録は不要です。
申込等の詳細については、千代田区立図書館のホームページをご参照ください。
(主催:千代田区立図書館)千代田区図書館ホームページ:http://www.library.chiyoda.tokyo.jp/information/20160928-19249/

概要
書物を愛する人々(蔵書家)は、どのようにして書物を収集・保管し、そして活用したのでしょう。仁正寺藩(にしょうじはん、現在の滋賀県蒲生郡)の藩主・市橋長昭(いちはしながあき、1773~1814)は、蔵書の中から選りすぐりの漢籍30点を湯島聖堂に献納し、学問の発展を願いました。また大坂の豪商・木村蒹葭堂(きむらけんかどう、1736~1802)の蔵書は、その死後、幕府へと献上されました。本展示では、国立公文書館のコレクション形成に大きく寄与した蔵書家を紹介するとともに、書物の奥深い世界を紹介します。


●グーグル提供広告