« 「IIIF Curation Viewer」カスタム版の動作紹介動画。古典籍の変体仮名をマウスで選択し、文字を認識する様子(「変体仮名の画像認識システム」APIを利用)(@2SC1815J さん) | メイン | 池原陽斉『萬葉集訓読の資料と方法』(笠間書院) »

2016年11月25日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●高志の国文学館 炉辺暖話(平成28年12月11日(日)〜平成29年3月12日(日)、6回 ※事前申込必要)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講演会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.koshibun.jp/news/event/高志の国文学館%E3%80%80炉辺暖話.html

--------------------

高志の国文学館 炉辺暖話

コーヒーでも飲みながら、文学館の職員と語り合いませんか。
(コーヒーは文学館よりサービス致します。)

回 日時 担当・テーマ

第1回 平成28年12月11日(日) 事業部長 生田 美秋
絵本の絵を読むということ―『はじめてのおつかい』(筒井頼子文、林明子絵)、
『かいじゅうたちのいるところ』(モーリス・センダック作)を事例として

第2回 平成29年1月15日(日) 事業課長 三津島 淳
「藤と公孫樹の陰 ―大伴家持そして馬場あき子」

第3回 平成29年2月5日(日) 主任(学芸員) 大川原 竜一
「越中国守・大伴家持の仕事」

第4回 平成29年2月26日(日) 主任 菅田 智雄
「浅野総一郎とその周辺」

第5回 平成29年3月5日(日) 主任(学芸員) 小林 加代子
「『平家物語』に見る悪人と琵琶」

第6回 平成29年3月12日(日) 主任(学芸員) 綿引 香織
「作家の書簡を読む」

場 所 高志の国文学館研修室101
時 間 各回14:00~15:00
参加費 無料(事前申込必要)
定 員 40名(先着)
申 込 事務所に直接お越しいただくか、電話・ファクシミリにて受付いたします。
TEL076-431-5492 FAX076-431-5490


●グーグル提供広告