« 吉海直人『『源氏物語』「後朝(きぬぎぬ)の別れ」を読む 音と香りにみちびかれて』(笠間書院) | メイン | 実践女子大学・国文学科特別講演会「新作歌舞伎の人気脚本家に聞く 歌舞伎のいま・ここ」【脚本家 今井 豊茂 氏】(2016年12月9日(金)14時45分~16時15分(14時15分開場)、実践女子大学 渋谷キャンパス 7階703教室) »

2016年11月28日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●国際シンポジウム「絵入り本と日本文化」(絵入本ワークショップⅨ)(平成28年12月10日(土)、11日(日)、東洋文庫2F講演室、要予約)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.jissen.ac.jp//event/year2016/20161125eve1.html

--------------------

【一般公開 ※要予約※】

※申し込み方法は上記サイトへ

日時:平成28年12月10日(土)、11日(日)
   10:30~17:30(10:00受付開始)
場所:東洋文庫2F講演室

主催:東洋文庫
共催:国文学研究資料館
   絵入本学会
   社団法人美術フォーラム21
   実践女子大学文芸資料研究所
助成:ポーラ美術振興財団

----------

12月10日(土)
10:00  開場・受付開始
10:30  開会のごあいさつ

(午前の部)
総合司会・・・日比谷孟俊(慶應義塾大学顧問)
10:40~11:30
江南和幸(龍谷大学名誉教授、東洋文庫研究員)
  「奈良絵本の彩色分析」

11:30~12:20
白戸満喜子(学習院女子大学ほか非常勤)
「料紙から見た絵入本出版事情」

12:20~13:30 昼休憩

(午後の部I)
総合司会・・・佐藤悟(実践女子大学教授)
13:30~14:20
梁蘊嫻(台湾 元智大学助理教授)
「江戸時代の「三国志」物における『絵本通俗三国志』の位置づけ―挿絵を手がかりに―」

14:20~15:10
崔京国(韓国 明知大学教授)
「虎狩・退治図から見られる日中韓の図柄の交流」

15:10~15:20 小休憩

(午後の部II)
総合司会・・・牧野元紀(東洋文庫主幹研究員)
15:20~16:10
グエン・ティ・オワイン(ベトナム社会科学院准教授)、ヴオン・ティ・フオン(ベトナム社会科学院漢喃研究所「漢喃雑誌」総編集副長
「ベトナムの漢籍における挿絵本について―『如来応験図』と『農事全図』を中心に―」

16:10~17:00
クリストフ・マルケ(フランス国立東洋言語文化大学教授)
「パリに渡ったフィッセルとシーボルト旧蔵の和本―十九世紀の日蘭仏における書物交流を考える―」


12月11日(日)
10:00 開場・受付開始
10:30 ごあいさつ

(午前の部)
総合司会・・・岡崎礼奈(東洋文庫研究員)
10:35~11:25
石上阿希(国際日本文化研究センター特任研究員)
「絵入百科事典の系譜と展開―『訓蒙図彙』を中心に―」

11:25~12:15
スコット・ジョンソン(関西大学名誉教授)
「津田青楓の図案作品―京都の年代―」

12:15~13:30 昼休憩

(午後の部)
総合司会・・・山本登朗(関西大学教授)
13:30~14:20
田中まき(神戸松蔭女子学院大学教授)
「住吉如慶筆『伊勢物語絵巻』の図様について」

14:20~15:10
赤澤真理(岩手県立大学短期大学部講師)
「伊勢物語絵に描かれた建築空間―住吉如慶にみる復古表現と同時代表現―」

15:10~15:20 小休憩

15:20~16:10
藤島綾(国文学研究資料館研究員)
「葛岡宣慶と『伊勢物語』」

16:10~17:00
大口裕子(霞会館学芸員)
「『異本伊勢物語絵巻』のモティーフについて」


●グーグル提供広告