« 白百合女子大学児童文化研究センター主催『星の王子さま』講演会(2016年12月3日(土)※要申込【〜12.1】) | メイン | 仏教文学会 12月例会(説話文学会との合同)(平成28年12月17日(土)、同志社大学) »

2016年11月24日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●東京藝術大学大学美術館 特別展「雪村-奇想の誕生-」(2017年3月28日(火)〜5月21日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.geidai.ac.jp/museum/exhibit/current_exhibitions_ja.htm

--------------------

特別展 「雪村-奇想の誕生-」

会期: 2017年3月28日(火)- 5月21日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日: 月曜日(ただし、5月1日は開館)
会場: 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1、2、3、4
観覧料: 一般1600円(1400円)、大学1200円(1000円)、高校生900円(700円)
中学生以下は無料
* ( )は前売券及び20名以上の団体料金(※前売券は2017年1月中旬から販売予定)
* 団体観覧者20名につき1名の引率者は無料
* 障がい者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料
主催: 東京藝術大学、読売新聞社
協賛: 日本写真印刷
首の骨が折れるくらいに仰ぎ見る顔から、斜め上に向かってピンと伸びる長いヒゲ。足元を見れば、ギョロッとした目つきの龍。「呂洞賓図(りょどうひんず)」に描かれる場面は、何から何までありえません。
この作品を描いたのは、戦国時代の画僧、雪村周継(せっそんしゅうけい)です。武将の子として生まれながら出家して画業に専心した雪村は、故郷である茨城や福島、神奈川など東国各地を活躍の場としました。その生涯は未だ謎に包まれていますが、ひときわ革新的で、また人間味あふれる温かな水墨画を描き続けた、ということだけは確かです。雪村の作品は江戸時代の尾形光琳らを魅了し、狩野芳崖ら近代の画家たちへと受容されたのでした。
この展覧会は、雪村の主要作品約100件と関連作品約30件で構成される最大規模の回顧展です。
雪村の「奇想」はどのようにして生まれたのか、その全貌に迫ります。

問い合わせ: ハローダイヤル03-5777-8600
公式サイト: http://sesson2017.jp


●グーグル提供広告