« 谷崎潤一郎記念館 冬の通常展「谷崎潤一郎 人と作品」~特設展示・肉筆にみる文豪谷崎~(2016年12月17日(土)~2017年3月20日(月・祝)) | メイン | 日本近代文学館「近代の詩歌Ⅱ/3.11文学館からのメッセージ」(2016年12月3日(土)〜2017年3月25日(土)) »

2016年11月24日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●神戸女子大学・神戸女子短期大学オープンカレッジ 冬期講座「あの世への想像力―日本人の死生観―」(2017年2月7日~3月14日(毎週火曜日)※要申込)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講座情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.yg.kobe-wu.ac.jp/geinou/07-exhibition2/2016a.html

--------------------

あの世への想像力 
 ―日本人の死生観―

神戸女子大学・神戸女子短期大学オープンカレッジ 冬期講座

 かつての日本人は「あの世」への豊かな想像力を持ち、死者と共存しながら人生を意味づけてきました。この講座では、古典芸能、絵画資料、説話文学、民間信仰などを題材にしながら、その想像力の広がりに迫っていきたいと思います。

申し込み方法
神戸女子大学教育センター「オープンカレッジ」係へ電話でお申込下さい。
電話 078-231-1060
住所・氏名・年齢・電話番号・FAX番号・希望講座名・講座番号(№36)をお伝え下さい。

期間 2017年2月7日~3月14日(毎週火曜日)
時間 14時00分〜15時30分
回数 6回
受講料 7,000円
場所 神戸女子大学教育センター

2月7日 近松浄瑠璃における「あの世」観
井上 勝志(古典芸能研究センター兼任研究員・本学教授)
2月14日 能が描く地獄の諸相
樹下 文隆(古典芸能研究センター兼任研究員・本学教授)
2月21日 閻魔さまからの贈り物―有馬温泉の埋め経と縁起―
問屋 真一(古典芸能研究センター客員研究員)
2月28日 地獄絵の世界
小栗栖 健治(古典芸能研究センター客員研究員)
3月7日 人が死ぬ時 来迎の姿―志水文庫蔵「来迎図」さまざま 付リ「涅槃図」解説―
川端 咲子(古典芸能研究センター非常勤研究員)
3月14日 見学会 東福寺涅槃会(大涅槃図御開帳)
解説:川森博司・川端咲子


●グーグル提供広告