« 堀川貴司氏のWeb講義「Sino-Japanese Interactions through Rare Books」英国MOOCs"FutureLearn"で受講登録スタート。トレーラー映像も公開。佐々木 孝浩氏「これこそ斯道文庫の本道と言える内容」。 | メイン | 第37回[特別編]ARCセミナー/小松和彦講演会「国芳『安達原一ツ家之図』を読み解く」(2017年1月13日(金)、【衣笠】立命館大学アート・リサーチセンター) »

2016年11月30日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●明星大学人文学部日本文化学科 国際シンポジウム「世界の写本、日本の写本―出版時代のきらめき」(2017年1月9日(月祝)14:00~17:00、明星大学日野キャンパス アカデミーホール(28号館204号室))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。


--------------------

明星大学人文学部日本文化学科 国際シンポジウム
「世界の写本、日本の写本―出版時代のきらめき」
2017年1月9日(月祝)14:00~17:00
明星大学日野キャンパス アカデミーホール(28号館204号室)
多摩都市モノレール「中央大学・明星大学」駅すぐ

◆発表者:
野口契子(米国プリンストン大学 司書)
 「海外の図書館から見た世界の写本、日本の写本」
高橋智(慶應義塾大学附属研究所斯道文庫 教授)
 「中国古典籍の大変革―写本から刊本へ」
松田隆美(慶應義塾大学文学部 教授)
 「西洋の写本と印刷本―15世紀を中心として」

◆ディスカッサント:
入口敦志(国文学研究資料館 准教授)
ジェフリー・ノット(スタンフォード大学大学院 博士課程)

チェア:
◆勝又基(明星大学 教授)

入場無料・全て日本語です。
お問い合わせ:勝又(motoi[アットマーク]lc.meisei-u.ac.jp)まで。


●グーグル提供広告