« 兵庫大学短期大学部・専任教員(専門分野:国語教育)教授、准教授の公募(2016年11月16日 ~ 2016年12月17日 必着) | メイン | 物語研究会・11月例会[年間テーマ「主体」](2016年11月19日(土)13:30~、相模女子大学マーガレット本館4F2141) »

2016年11月17日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●島根県立石見美術館・企画展「芳年 激動の時代を生きた鬼才浮世絵師」(2016年12月23日(金・祝)~2017年2月13日(月))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展覧会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.grandtoit.jp/museum/exhibition/special/yoshitoshi/index.html

--------------------

【凄まじい浮世絵師がいた!
スペクタル、アクション、ユーモア、クール...
芳年のすべてが分かる決定版

 幕末から明治維新を経て近代化への道を進んだ日本。その激動の時代を乗り越え、まさに「絵の鬼」として時に激烈な、時に静謐な浮世絵を世に送り続けたのが、月岡芳年(つきおかよしとし・1839~1892)です。
 本展は国内屈指の芳年コレクション・西井コレクションにより、初期から晩年に至るまでの代表作を網羅した大回顧展です。歌川国芳に入門して浮世絵を学んだ芳年は、時代の移り変わりにあわせ西洋画の研究も行い、人物描写や画面構成において近代的な感覚をみせました。その大胆な構図、鮮やかな色彩、人物のアクロバティックなポーズは、現代の目で見ても驚かされるものばかりです。このたびは武者絵、美人画、歴史画など幅広いジャンルから約250点を紹介します。芳年の巧みな技と豊かな想像力を存分に味わえる、またとない機会です。】

[会期]2016年12月23日(金・祝)~2017年2月13日(月)
[開館時間]10:00~18:30(展示室への入場は18:00まで)
[休館日]毎週火曜日(ただし1月3日、1月31日は開館)、12月28日~1月1日
[会場]展示室D


●グーグル提供広告