« 第203回青葉ことばの会(2016年12月3日(土)、国立国語研究所(東京都立川市緑町10-2)) | メイン | 情報メディア学会(2016年11月26日(土)、東邦大学医学部(大森キャンパス)) »

2016年11月 7日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●中央大学駿河台記念館文学部主催シンポジウム「アートとドラマから見る韓国」(2016年11月12日(土))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

シンポジウム情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.chuo-u.ac.jp/event/2016/09/47555/

--------------------

日程
2016年11月12日(土) 13時~17時30分
場所
中央大学駿河台記念館 370号室
内容
 文学部2016年度前期プロジェクト科目「アジア共同体を考える-共に生きるための15のヒント」(ワンアジア財団寄付講座)の関連企画として、公開シンポジウムを開催します。現代韓国の社会と文化を、アートとドラマという二つのジャンルから読み解こうという意欲的な試みです。学生・教職員・市民のみなさまの参加を歓迎します。

報告者(敬称略):
 ヂョン・ヨンドゥ(アーティスト)
 徐京植(作家・東京経済大学教授)
 李香鎮(立教大学教授)

司 会:
 大田美和(歌人・中央大学文学部教授、英語文学文化専攻)
 榎本泰子(中央大学文学部教授、中国言語文化専攻)

シンポジウムポスター(1.50MB)
プログラム・報告者プロフィール・会場アクセス地図(672KB)


●グーグル提供広告