« 楊暁捷氏が、「動画・変体仮名百語」を受け継いだアプリ「Classical Kana」をiTunesに公開 | メイン | 金沢能楽美術館 平成28年度企画展 新・古能面展Ⅶ(前期:平成28年12月3日(土)~平成29年1月15日(日)・後期:平成29年1月20日(金)~平成29年2月26日(日)) »

2016年11月21日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●金沢能楽美術館開館10周年記念Ⅲ 特別展「THE BEST OF THE BEST 能面と能装束」(平成28年10月1日(土)~11月27日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.kanazawa-noh-museum.gr.jp/topic/877

--------------------

◆ 開館10周年記念Ⅲ
特別展THE BEST OF THE BEST 能面と能装束 ◆
 
平成28年10月1日(土)~11月27日(日)
 休館日:月曜日 祝日の場合はその次の平日

 金沢能楽美術館はこの秋、開館10周年を迎えます。本展ではその記念に、日頃の感謝を込めて、当館の代表的な名品を一挙ご紹介いたします。
 金沢では江戸時代における加賀藩前田家の熱心な文化政策により、加賀百万石の武家文化が花開きました。なかでも能楽は手厚く保護・育成され、「加賀宝生」と称されるほどに発展してきた歴史があります。明治維新により能楽界は危機的状況に陥りましたが、加賀宝生中興の祖とされる佐野吉之助がその志を受け継ぎ、散逸しつつあった能面や能装束を私財をなげうち蒐集しました。その一部が当館のコレクションの母体となり、以来、貴重な品々の収集と展示を重ねています。
 幾星霜を経て人々を魅了しつづける能面の多様な表情と造形、そして染織技術の粋と贅を尽くした絢爛豪華な能装束の数々から、能楽文化の伝統と美意識を感じて頂ければ幸いです。

**********************************************

◆ 開館10周年記念能 ◆
 
 金沢能楽美術館所蔵の能面「中将」を用いて、加賀藩ゆかりの能〈来殿〉を上演します!

 日 時 平成28年10月1日(土)11:00~(開場10:15)
 会 場 金沢能楽美術館3階
 参加料 無料(但し、要観覧料)、申込不要
     先着150名
 問合せ 金沢能楽美術館 Tel 076(220)2790
             Fax 076(220)2791

 ― 演 目 ―

    (素 謡) 翁 佐野由於
    (舞囃子) 高砂 藪 俊彦
    (狂 言) 福の神 能村祐丞
    (半 能) 来殿 髙橋右任

   〈出演者〉

    宝生流シテ方 渡邊茂人
          髙橋憲正
          藪 克徳
          佐野玄宜
          佐野弘宜
    下掛宝生流ワキ方 殿田謙吉

    和泉流狂言方 炭 哲男
           山田譲二

小鼓方 住駒幸英
大鼓方 飯嶋六之佐
太鼓方 麦谷暁夫
小鼓方 住駒俊介
笛 方 室石和夫

**********************************************
関連ファイル

The Best of the Best ちらし表.pdf (431.39KB)
The Best of the Best ちらし裏.pdf (396.45KB)


●グーグル提供広告