« 日本近代文学館「近代の詩歌Ⅱ/3.11文学館からのメッセージ」(2016年12月3日(土)〜2017年3月25日(土)) | メイン | 東アジア恠異学会第108回定例研究会(2016年11月26日(土)、園田学園女子大学) »

2016年11月24日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●南方熊楠顕彰館 企画展 新春吉例「十二支考」輪読 -鶏に関する民俗と伝説- 企画展(2016/12/3(土)~2017/1/8(日)・講演会 2017/1/7(土))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.minakata.org/cnts/news/index.cgi?c=i161203

--------------------

 南方熊楠は、1914(大正3)年の寅年から1923(大正12)年の亥年にかけて、当時の雑誌『太陽』(博文館)に、その年の十二支をテーマにした論考を発表しました。子年の論考は編集部の方針で不掲載、丑年については執筆されませんでしたが、これらの論考を総称して「十二支考(じゅうにしこう)」とよばれています。
 内容は、そのテーマの動物について、生態や伝承、民俗などを、古今東西の書物から引用するだけでなく、熊楠独自の見解を書き連ねています。しかし、情報が多く詰まりすぎており、熊楠の著作の中で、もっとも難読のものといえるでしょう。
 南方熊楠顕彰館では、新春を迎える恒例行事として、また、身近な作品として「十二支考」を楽しめるよう、その年生まれの研究者による展示と講演会を開催いたします。
 今回は、2017(平成29)年の十二支「酉」に関する論考「鶏に関する民俗と伝説」を取り上げます。
【企画展】
 ■会 期 2016年12月3日(土)~2017年1月8日(日)
 ■時 間 10:00~17:00(最終入館16:30)
 ■会 場 南方熊楠顕彰館
 ■担 当 菊地暁(京都大学人文科学研究所助教)
        道明熙(南方熊楠顕彰会学術部副部長)
 ■入場料 無料
【講演会】
 企画展と連動し、南方熊楠の論文「鶏に関する民俗と伝説」をテーマに、酉年生まれの研究者による講演会
 □日 時 2017年1月7日(土)14:00~16:00(予定)
 □会 場 南方熊楠顕彰館 1階学習室
 □講 演 菊地暁(京都大学人文科学研究所助教)
        道明熙(南方熊楠顕彰会学術部副部長)
 □その他 申込み不要/直接会場にお越しください
会場 南方熊楠顕彰館
休館日 12/5(月)、12(月)、13(火)、19(月)
26(月)~2017年1/4(水)


●グーグル提供広告