« 出光美術館 開館50周年記念 時代を映す仮名のかたち― 国宝手鑑『見努世友』と古筆の名品(2016年11月19日(土)~12月18日(日)) | メイン | 第90回 叙述態研究会[【個人発表】野上亮【著者セッション】藤井貞和](2016年12月2日(金)18時から、国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟303) »

2016年11月15日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●日本女子大学文学部・文学研究科学術交流企画シンポジウム「長唄に摂取された謡--旋律とアクセント--」(2016年12月12日(月)【申込不要・参加無料】)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

シンポジウム情報です。

--------------------

申込不要・参加無料・先着100名

2016年12月12日(月)
午後6時〜午後8時(終了予定)(開場 午後5時30分)

日本女子大学 目白キャンパス
新泉山館1階 大会議室

パネリスト

「京鹿子娘道成寺」の発音--謡との比較--/坂本清恵
「京鹿子娘道成寺」に残る上方アクセント/配川美加
長唄にみる謡の近古式地拍子/高桑いづみ
演奏「京鹿子娘道成寺」
 唄=稀音家義丸・杵屋三七郎
 三味線=日吉栄寿・杵屋三澄那

司会●石井倫子

問い合せ先
日本女子大学文学部日本文学科 中央研究室
tel/fax 03-5981-3522


●グーグル提供広告