« 中国の漢詩や言葉の出典―インターネット情報を中心に―(レファレンス事例・ツール紹介(3))【齊藤まや(国立国会図書館関西館アジア情報課)】:アジア情報室通報 14巻3号(国立国会図書館) | メイン | 長野県短期大学学園祭で「和書喫茶」【同短大の二本松泰子准教授=古典文学=とゼミの学生】(10月22、23日)【学生が「和書喫茶」 22、23日 /長野(毎日新聞)】 »

2016年10月 6日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●足利学校遺蹟図書館(史跡足利学校内)「足利学校国宝展」(平成28年10月22日(土曜日)~平成28年10月30日(日曜日)、午前9時00分~午後4時30分(受付は午後4時00分まで))、記念講演は10月22日(土曜日)、長澤 孝三 氏・須永 美知夫氏。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.city.ashikaga.tochigi.jp/site/ashikagagakko/nihonnisannkokuhouten.html

--------------------

【史跡足利学校は、平成27年4月24日、共に世界遺産登録を目指す茨城県水戸(旧弘道館)、岡山県備前市(旧閑谷学校)、大分県日田市(咸宜園跡)と4市連携で、「近世日本の教育遺産群」として「日本遺産」に認定されました。 「日本遺産」認定の重要な構成要素である4種77冊の国宝書籍は、これまで広く一般に展示公開されたことはありませんでしたが、今回、足利学校日本遺産一周年記念を契機に、足利市民が先人たちから受け継いできた「知の遺産」である4種の国宝書籍を一同に公開いたします。】

 ◆展示期間

 平成28年10月22日(土曜日)~平成28年10月30日(日曜日)

 ◆参観時間

 午前9時00分~午後4時30分(受付は午後4時00分まで)

 ◆参観料

一般:420円 (20人以上の団体:340円)
高校生:210円 (20人以上の団体:170円)

 ◆場所

 足利学校遺蹟図書館(史跡足利学校内)

 ◆記念講演

  国宝の価値を広く発信するため、国宝展初日の22日に、専門家の方々による講演会を開催します。

  ・日時:平成28年10月22日(土曜日)午前10時30分から

  ・演題:「足利学校国宝と文化財保護」 /講師:元国立公文書館内閣文庫長 長澤 孝三 氏

  ・演題:「足利学校 周易注疏の隠れた価値」/講師:元足利学校研究員 須永 美知夫氏

  ・会場:史跡足利学校復原 方丈建物

  ・定員:当日先着80名


●グーグル提供広告