« 第43回 国文研フォーラム「中江兆民『三酔人経綸問答』稿本をどう読むか」発表者:谷川惠一氏(平成28年10月19日(水)、国文学研究資料館) | メイン | 『日本文学』(2016年10月)に、日置貴之『変貌する時代のなかの歌舞伎 幕末・明治期歌舞伎史』の書評が掲載されました(評者:山本和明氏) »

2016年10月19日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●京都橘大学日本語日本文学会主催「茂山良暢 狂言鑑賞会」(2016年12月1日(木)※要申込)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

公演情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.tachibana-u.ac.jp/events/2016/10/post-573.html

--------------------

日本語日本文学会主催「茂山良暢 狂言鑑賞会」を開催/聴講者募集

●日 時:12月1日(木)15:00~16:30
●場 所:9501教室(京都橘大学清風館5階)
●内 容(予定):狂言の解説・演目の上演など

<講師プロフィール>

茂山良暢(しげやま よしのぶ)
昭和57年(1982)8月20日京都生まれ。能楽師大蔵流狂言方。
茂山 忠三郎家、四世忠三郎の長男。父に師事。4歳にて『伊呂波』のシテで初舞台を踏み、 その後「釣狐」、「三番三」、「花子」など秘曲、重曲を異例の若さで上演。 海外への芸術文化交流にも力を入れアメリカやヨーロッパなど海外公演も多い。
オーケストラなど他ジャンルとのコラボレーションも盛んで古典芸能における 敷居の固定観念を外すべく日々活動する。
近年ワークショップや狂言教室での親しみやすい指導や講演で大人から子供まで人気を博す。

能楽協会京都支部所属、京都能楽会会員
京都造形芸術大学講師
2009年度文化庁文化交流使
2013年文化庁芸術祭賞新人賞受賞

●他学科生および学外からの募集人数:100名(先着順)
●受講料:無料

<お申込み方法>
 電話・E-mailで受け付けます。
 以下を明記の上お申し込みください。
 (1)氏名(漢字・フリガナ)
 (2)連絡先:郵便番号・住所・電話番号

<お問い合わせ・お申し込み先>
 京都橘大学 教務部 学務第2課(京都橘大学 管理特別教室棟2階)
 〒607-8175 京都市山科区大宅山田町34
 TEL.075-574-4192(直通) 土日祝を除く 8:45-17:15(11:10-12:10を除く)
 E-mail 2academic@tachibana-u.ac.jp


●グーグル提供広告