« 早稲田大学中央図書館開館25周年記念・シンポジウム「日本における学術出版社と図書館の役割、その未来」(2016年12月12日(月) 14:00-16:30(予定)、早稲田大学 大隈記念講堂 小講堂、無料・要申し込み)【横田カーター 啓子氏、和田 敦彦氏、橋元 博樹氏(東京大学出版会 営業局長)、永沼 浩一氏(岩波書店 新書編集部編集長)、荘司 雅之氏(早稲田大学図書館事務部長)】 | メイン | 広島県立歴史博物館・「守屋壽コレクションが迫る近世日本の新たな異文化交流」(2016年10月14日(金曜日)~11月27日(日曜日)) »

2016年10月12日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●国際交流基金アジアセンター・対談 池澤夏樹×木ノ下裕一「古典と向き合う -文学と演劇-」(2016年11月6日(日)10:00 - 12:00、ロームシアター京都 パークプラザ3階 共通ロビー、無料(予約不要))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講演会情報です。

●公式サイトはこちら
http://jfac.jp/culture/events/the-power-of-tradition-the-form-of-artistry-161106/

--------------------

【いまの私たちにとって古典とは何か?

「伝統のチカラ、芸能のカタチ」事業の一環として、当代の作家が古典名作を現代の言葉に訳す「日本文学全集」を個人編集する作家・詩人の池澤夏樹と、古典演目上演の補綴・監修を行いながら現代における歌舞伎のあり方を問う木ノ下歌舞伎主宰の木ノ下裕一が、文学と演劇、それぞれの過去を現代に、そして未来へとつなげる試みについて対談します。

「伝統のチカラ、芸能のカタチ」事業では、東南アジアと日本におけるキーパーソンたちとともに、伝統芸能の宝庫と言われるアジア各地で、伝統芸能を取り巻く社会状況を調査し、情報を発信・共有することで、伝統のチカラを再発見し、現代の社会に適した芸能のカタチを考えていきます。

現代を生きる私たちが伝統芸能の中に再び存在意義を見出し、そこに脈々と受継がれる価値を再発見することで、相互の文化を尊重・理解しあいながら、ともに豊かな人生を歩むための糧とすることを目指します。これにより、アジアセンターが掲げる相互交流の理念を、文化の深い礎の部分から体現しようと試みています。】

タイトル 「伝統のチカラ、芸能のカタチ」事業
対談 池澤夏樹×木ノ下裕一「古典と向き合う -文学と演劇-」
開催日時 2016年11月6日(日)10:00 - 12:00
会 場 ロームシアター京都 パークプラザ3階 共通ロビー
入場料 無料(予約不要)
言 語 日本語
主 催 国際交流基金アジアセンター
ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)
共 催 KYOTO EXPERIMENT
協 力 京都岡崎 蔦屋書店
河出書房新社
お問合せ 国際交流基金アジアセンター
info_dento@jpf.go.jp


●グーグル提供広告