« 日本漢文学プロジェクト公開シンポジウム「文雅の記憶―幕末・明治期文人と時代・政治・地域文化」(2016年11月19日(土)14:00~17:00、上智大学12号館203教室) | メイン | 第40回日本児童文学学会特別賞に、高橋明彦氏の『楳図かずお論―マンガ表現と想像力の恐怖』(青弓社 2015.6) »

2016年10月19日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●有島武郎研究会第60回全国大会《特集 テクストから問い直す~ジェンダー/セクシュアリティ論の新視角》(2016年11月19日(土)、明治大学駿河台キャンパス リバティタワー7F 1076教室、参加自由・聴講無料)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://d.hatena.ne.jp/arishimaken/20161019/p1

--------------------

※上記サイトに発表要旨あり。

日程 2016年11月19日(土)11時開会・17時20分終了
『有島武郎研究』第19号合評会は9時40分より
会場 明治大学駿河台キャンパス リバティタワー7F 1076教室
交通
JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅下車徒歩約3分/東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅下車徒歩約5分/都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線 神保町駅下車徒歩約5分

開会の辞(11:00) 
宮越  勉

【研究発表】(11:10)
 (司会)下岡 友加

志賀直哉と世紀末芸術 ―「祖母の為に」にみるマックス・クリンガーの影響―
柳沢 広識

〔昼食休憩〕 11:55~13:15
「文学」と「姦通」、あるいは「文壇」的に興奮するということ ―志賀直哉「雨蛙」を中心に―
丹波 拓也


《特集 テクストから問い直す~ジェンダー/セクシュアリティ論の新視角》

 (司会)佐々木さよ/上牧瀬 香

【報  告】(14:10)
『或女』のジェンダー・イデオロギー ―平塚らいてう・恋愛・狂気―     
奥田 浩司

性別と個別化と
大久保健治

有島武郎と女性解放思想 ―『三部曲』「聖餐」における〈マリヤ〉の表象を視座として―   
山田 順子

〔休憩〕 15:50~16:10
【討  論】(16:10~17:10)

閉会の辞 
中村 三春


【臨時総会】(17:20~17:50)
【懇 親 会】(18:30~)

会場 カフェ・パンセ 
場所 明治大学駿河台キャンパス アカデミーコモン1階


●グーグル提供広告