« 幕末明治研究会【中川和明氏・馬場美佳氏】(2016年12月17日(土曜日)午後2時~、明星大学27号館1001室) | メイン | 名古屋大学 人類文化遺産テクスト学研究センター公開研究集会「「法楽」の宗教空間」【山本章博、西山美香、平田英夫、深津睦夫、ジャン・ノエル・ロベール、石川一、佐々木創、菅野扶美の各氏】(2016年11月5日(土)6日(日)、名古屋大学文学部棟1F大会議室) »

2016年10月23日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●国文研館蔵和古書画像400万コマ近くがオープンデータに!(digitalnagasakiのブログ)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【先日、国文学研究資料館(以下、国文研)の館蔵和古書画像がCC BY-SAへとライセンス変更されたことは記憶に新しいところです。筆者としては早速ダウンロードして色々活用できるように...と思って少し試してみたらなかなか大変でした。結果として、19451書誌分の古典籍画像をダウンロードすることができたのですが、書誌情報はオープンデータになっていないので、内容がわかる人でないとなかなか活用は難しいのではないかと思います。この点、昨年「国文研データセット」として公開されたものは書誌情報やタグ、一部の全文テクストなど色々おまけがついていたので楽しみやすいものでした。筆者としても、色々な工夫をさせていただきました。

 しかし、やはり、せっかくオープンデータとして公開されたのですから、これはなるべくみんなで活用できるようにした方がよいと思いました。このところ「デジタルアーカイブ」についての議論が盛り上がっていることもあり、古典籍好きな人たちがデジタルアーカイブについての活用例を色々と出せるようにすることは、古典籍に関わる研究者だけでなく全体にとってもいいことなのではないかということもあり、とりあえず皆が共有しやすい形にしようかと思いました。】
つづきはこちらから。digitalnagasakiのブログ。
http://digitalnagasaki.hatenablog.com/entry/2016/10/23/181351


●グーグル提供広告