« 東京大学史料編纂所 第37回史料展覧会「史料を後世に伝える営み」(2016年11月11日(金)・12日(土)、於:東京大学史料編纂所1・2階) | メイン | 足利学校遺蹟図書館(史跡足利学校内)「足利学校国宝展」(平成28年10月22日(土曜日)~平成28年10月30日(日曜日)、午前9時00分~午後4時30分(受付は午後4時00分まで))、記念講演は10月22日(土曜日)、長澤 孝三 氏・須永 美知夫氏。 »

2016年10月 6日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●中国の漢詩や言葉の出典―インターネット情報を中心に―(レファレンス事例・ツール紹介(3))【齊藤まや(国立国会図書館関西館アジア情報課)】:アジア情報室通報 14巻3号(国立国会図書館)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【アジア情報室には、中国の漢詩や言葉の出典に関する質問が多く寄せられます。出典を調査する際には、専門的な中国語資料が必要になる場合もありますが、多くの場合はインターネット情報だけでもある程度の調査が可能です。

本稿では、実際に問合わせがあった事例を用いて、主に無料で使えるインターネット情報を活用した出典の調査方法をご紹介します。

*【 】内は当館請求記号、ウェブサイトの最終アクセス日は2016年8月4日です。】
つづきはこちらから。国立国会図書館。
http://rnavi.ndl.go.jp/asia/entry/bulletin14-3-2.php


●グーグル提供広告