« 第4回 昭和女子大学日文公開講座「王朝を語る」【大倉比呂志氏、久下裕利氏】(平成28年10月22日(土) 午前の部:10:30~11:30/午後の部:13:00~14:00、昭和女子大学 1号館3階3S38教室) | メイン | 国文学研究資料館【近代書誌・近代画像データベース】書誌情報約350件を追加、画面インターフェースを変更 »

2016年10月14日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●倉敷市立美術館 コレクション展 遠い昭和「没後30年・岡本唐貴」(2016年9月10日(土)~10月16日(日)/10月29日(土)~12月18日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展覧会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.city.kurashiki.okayama.jp/item/101388.htm#itemid101388

--------------------

【昭和から平成に元号が変わってから30年近く経つ今日、昭和という時代が再検証されています。このたびの特別展示は、この時代に特異な足跡を残した倉敷出身の洋画家・岡本唐貴(1903-1986)の没後30年を記念して開催します。
岡本は20歳の若さで、大正末期に盛んであった前衛美術運動の旗手として活躍します。やがてロシアのリアリズム絵画と、階級闘争が激化しつつあった時代の空気に影響を受け、昭和初期にはプロレタリア美術運動の指導者として第一線に立ちました。弾圧による運動の終焉後、戦中の雌伏期に仲間たちと写生やデッサンに励み、戦後は民主主義社会における新たなリアリズム絵画を追求しました。
本展では岡本の油彩やポスター、デッサン、関連資料にあわせて、当館コレクションから大正末期から昭和期の美術を紹介します。岡本の軌跡を通して、現在すでに遠くに感じられる「昭和」という時代を、新たに見直すきっかけとなれば幸いです。】

2016年9月10日(土)~10月16日(日)/10月29日(土)~12月18日(日)

休館日:
月曜日(ただし9月19日(月)、10月10日(月)開館、9月20日(火)、10月11日(火)休館)

開館時間:
9時~17時15分(入場は16時45分まで)

展覧会場:
2階 第3展示室A室


●グーグル提供広告