« 第8回時代考証学会シンポジウム「時代考証学とノンフィクション」(2016年11月19日(土)、明治大学駿河台校舎1113教室(リバティタワー)) | メイン | 藝能史研究會11月例会(2016年11月11日(金)、キャンパスプラザ京都2階第2会議室) »

2016年10月19日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●徳島市立徳島城博物館 特別展「坂東宗稜と近代徳島の茶の湯」(平成28年10月15日(土)〜11月27日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.city.tokushima.tokushima.jp/johaku/tokubetsutenji/johakuh28tokubetsu.html

--------------------

裏千家の茶風が広まっていった徳島の茶の湯の隆盛は、大正10年(1921)の徳島松風会の発足、それを実質的に継承した昭和16年(1941)の淡交会徳島県支部の発足へと結実していく。その松風会の会長、そして徳島県支部長を務めた茶人こそ坂東宗稜(1889から1968)であった。徳島の地にありながら鋭意茶道具の収集を推し進め、阿波茶道史の流れを攻究していった坂東宗稜が、徳島の茶道界に果たした役割には大きいものがあります。本展覧会では、当館に寄贈された坂東宗稜蒐集にかかる茶道具の数々の紹介を通して、近代徳島の茶道史を振り返ります。

会期
平成28年10月15日(土曜)から11月27日(日曜)

会場
徳島城博物館 展示室

基本情報
入館料 一般500円
ご利用案内をご覧ください。
特別展開催時は、入館料に変更がございます。ご注意ください。

イベント
特別展関連イベント


●グーグル提供広告