« 武者小路実篤記念館 企画展「本を装う,時代を映す」〜版画と装幀・挿絵の世界〜(2016年10月8日(土)〜11月6日(日)) | メイン | 関東甲信越ブロック12月例会(2回開催)(【1】 2016年12月3日(土)【2】12月23日(金・祝)、早稲田奉仕園) »

2016年10月 3日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●日本社会文学会 2016年度秋季大会(2016年11月12日(土)・13日(日)、三重大学)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://ajsl.web.fc2.com/meeting-next.html#reikai201612

--------------------

日本社会文学会 2016年度秋季大会 NEW!
 
日時 2016年11月12日(土)、13日(日)
会場 三重大学 アクセスマップ

大会テーマ 労働文学の一〇〇年

【12日 午前・研究発表】10:30~
〔第1会場(教育学部校舎4階大会議室)〕
伊藤純(貴司山治net資料館)「鳴門塩田争議記録とプロレタリア大衆小説「ゴー・ストップ」―"起こったこと"と"書かれたこと"―」
呉恵升(明治大学大学院)「石川達三『生きてゐる兵隊』についての一考察―日中両国における評価の相違を軸に―」
増井真琴(東洋大学大学院)「小川未明と日本少国民文化協会」
-----------------------------------------------------------------
〔第2会場(教育学部校舎4階401教室)〕
加島正浩(名古屋大学大学院)「「フクシマ」の当事者―大江健三郎の「ヒロシマ」から「レイト・ワーク」までを視座として―」
徳永光展(福岡工業大学)「山崎豊子『不毛地帯』論―壹岐正のモデルとしての瀬島龍三―」

【12日 午後・特集「労働文学の一〇〇年」(於:4階大会議室)】13:30~
大和田茂「一九二〇年前後の「労働者性」をめぐって」
楜沢健「奴隷の言語」
中谷いずみ「戦争への抵抗と責任―一九五〇年代の労働と文学―」
〔講演〕鎌田慧「労働と記録」

一般参加歓迎・入場無料

*閉会後、三重大学キャンパス内「パセオ」で懇親会が予定されています(別途参加費を申し受けます)。

【13日】
実地踏査「四日市公害の今を知るツアー」
【タイムスケジュール】
★津駅周辺に宿泊の方
08:20 津駅東口集合 *大会スタッフが四日市まで誘導
08:40  ↓(近鉄電車で移動) *片道490円(参加費に含まれません)
09:10 近鉄四日市駅
-----------------------------------------------------------------
★現地に直接行かれる方
09:20 「四日市公害と環境未来館」入口前集合(アクセス)
-----------------------------------------------------------------
09:30 ガイダンス映像、説明 (1階 研修・実習室)
09:45 語り部講話      (    〃    )
10:30 常設展示室の解説   (2階 常設展示室)
11:00 四日市公害裁判シアター(    〃    )
11:20 「常設展示室」(2階)・「丹羽文雄記念室」(3階)を各自見学
12:00 昼食休憩 *昼食は周辺の飲食店で各自おとりください
13;00 「四日市公害と環境未来館」入口前集合
    ↓(バスで移動)
13:30 磯津海岸(塩浜地区)→ 磯津測定局
14:20  ↓(バスで移動)
15:00 「四日市港ポートビル」(霞地区) *当日の道路の混雑具合によって割愛する場合があります
15:30  ↓(バスで移動)
16:00 市民広場 *解散

【ツアー参加費】
2,000円(先着25名まで)
*参加費に四日市(現地)までの交通費と昼食代は含まれていません。
*解散後に近鉄四日市駅からそのままお帰りになられる方で、大きなお荷物をお持ちの方は、近鉄四日市駅構内のロッカーをご利用ください。

●チラシはこちら
http://ajsl.web.fc2.com/posters/2016autumn_roudou100.jpg


●グーグル提供広告