« 鶴見大学日本文学会 秋季大会【講演:金文京氏・藤本幸夫氏】(2016年11月26日(土)) | メイン | 国立大学で若手研究者が減少、「40代でも先見えないのが普通」の声(THE PAGE) »

2016年10月27日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●東京学芸大学フォーラム 文学研究の再構築【石井正己、李市埈、小峯和明、錦 仁、松尾葦江、金容儀の各氏】(2016年12月4日(日)、東京学芸大学W110教室【無料・事前申込不要】)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

--------------------

東京学芸大学フォーラム
文学研究の再構築

日程 2016年12月4日(日) 13:00~17:00
会場 東京学芸大学 W110教室
   東京都小金井市貫井北町4-1-1
   武蔵小金井駅から小平団地行きバスで学芸大正門前下車徒歩5分

内容
趣旨
文学研究に未来はあるか
  東京学芸大学教授 石井正己

講演
韓国語版「今昔物語集」における翻訳の問題をめぐって
  韓国・崇実大学校教授 李市埈

講演
東アジア文学研究の未来に向けて 小峯和明

講演
和歌の帝国─菅江真澄・林子平・古川古松軒─ 錦 仁

講演
古態論のさきには―平家物語研究をひらくⅡ─ 松尾葦江

共同討議
文学研究の再構築のために
 李市埈 小峯和明 錦 仁 松尾葦江
 韓国・全南大学教授 金容儀
 司会 石井正己

参加費 無料(事前の申し込みは不要です)

連絡先 〒184-8501 小金井市貫井北町4-1-1
東京学芸大学 石井正己研究室
TEL/FAX 042-329-7246


●グーグル提供広告