« 日本認知言語学会奨励賞を大神雄一郎氏(大阪大学[院]・日本学術振興会特別研究員)と堀内ふみ野氏(慶應義塾大学[院]・日本学術振興会特別研究員)が受賞(2016.9.27) | メイン | 福井市橘曙覧記念文学館 秋季特別展「平家物語へのいざない」(平成28年10月8日(土)~12月4日(日)) »

2016年10月11日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●同志社大学一神教学際研究センター 公開講演会「天と人との際―漢語神学の歴史的歩みと未来の展望―」(2016年11月9日(水)16:40~18:15、同志社大学 今出川キャンパス 神学館チャペル)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●情報入手はこちら・日本宗教学会
http://jpars.org/archives/3091

--------------------

2016年11月9日(水)16:40~18:15
場所:同志社大学 今出川キャンパス 神学館チャペル
(京都市営地下鉄烏丸線「今出川駅」下車1番出口徒歩3分)

【講師】
何光沪博士(中国人民大学教授/香港漢語基督教文化研究所フェロー)

【プログラム】
16:40~16:45 センター長挨拶
16:45~17:45 講演(逐次通訳含む)
17:45~18:15 質疑応答

【【講演会要旨】
中国王朝の対キリスト教政策を概観するなら、唐と元の時代は庇護的厚遇を基本とし、明と清においては全く逆の弾圧的政策が基本となった。18世紀初めから19世紀初め、及び20世紀後半までは、それに更に拍車がかかり、禁教政策にまで至った結果、キリスト教信仰活動は公の場から消え、地下に潜らざるを得なくなった。それは「憂患に生き、安楽に死す」、つまり、憂いの中にあれば、生き抜くことができ、安楽の中にいると、却って死を招くといいう諺のように、地下で生き抜いてきたのである。
何教授はこの講演において、中国におけるキリスト教神学、ないし「漢語神学」の全体的歴史及び社会との関係を論じ、その歴史から漢語神学の生成と歴史的必然性を論証していく。そして、一見不可能な状況に置かれた漢語神学の可能性を検討し、さらに、漢語神学の未来を展望する中で、中華文明に対する漢語神学の貢献的役割を探る。
ローマ帝国に抑圧された初期キリスト教の歴史のように、私たちは、中国において生き抜いてきた豊かで生命力に溢れた漢語神学を期待する。
司馬遷の「天と人との際を考察し、古今の変を通じ、一家の言を遂げる」という名言がある。漢語神学の歴史からみれば、最初の言葉、「天と人との際」が最も大切であり、古今の変においてはできるだけのことをすれば良く、持論という一家の言は必要ではない。
*「天と人との際」:司馬遷の言葉として有名で、天は人にとって不可能なこと、人とは人にとって可能なことだが、そこに留まることなく、敢えて不可能の中に可能性を見出すという意味である。】

※使用言語中国語(逐次通訳あり)
※お申込み不要
※参加費無料

連絡先:同志社大学一神教学際研究センター(CISMOR)
詳細はホームページ
http://www.doshisha.ac.jp/event/2016/1006/event-detail-1936.html


●グーグル提供広告