« 国立大学で若手研究者が減少、「40代でも先見えないのが普通」の声(THE PAGE) | メイン | 関西大学文学研究科「EU-日本学」特別講演会・ハンス・トムセン 氏(チューリッヒ大学大学院・東洋美術史研究室)「春画を語る、語る春画-春画を西洋の大学で教える諸問題-」(2016年11月1日(火) 18:00~19:30、千里山キャンパス 尚文館 501講義室) »

2016年10月27日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●近畿大学文芸学部・サンキュータツオ氏講演会「日本語学者芸人サンキュータツオが近大のキャッチコピーを斬る!」(2016年11月22日(火) 4限(14:50~16:20)、近畿大学東大阪キャンパス A館102教室)※学外者の聴講も歓迎いたします。入場無料、事前予約不要

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講演会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.kindai.ac.jp/bungei/event/20161027014731.html

--------------------

日本語学者芸人サンキュータツオが近大のキャッチコピーを斬る!

日時:2016年11月22日(火) 4限(14:50~16:20)

会場:近畿大学東大阪キャンパス A館102教室

概要:3年連続志願者数日本一を達成した近畿大学。その戦略の一端は、「近大発のパチもんでんねん。」等、思い切ったキャッチコピーからもうかがえる。今回の講演では、「日本語」と「笑い」のプロフェッショナルであるサンキュータツオ氏に、近大のキャッチコピーを題材としてお話しいただく予定である。司会の藤巻和宏准教授との対談形式で進める。

講師紹介:サンキュータツオ。1976年東京生まれ。芸人。オフィス北野所属。居島一平とのお笑いコンビ「米粒写経」として活躍する一方、一橋大学非常勤講師もつとめる。早稲田大学大学院文学研究科日本語日本文化専攻博士後期課程修了。ラジオのレギュラー出演のほか、雑誌連載も多数。趣味は、アニメ鑑賞、BLを読むこと、ヘンな論文を収集すること、街で見つけたタイルの写真を撮ること...等々。著書に『学校では教えてくれない! 国語辞典の遊び方』(角川学芸出版)、『ヘンな論文』(同)などがある。
サンキュータツオ公式ブログ
http://39tatsuo.jugem.jp/

背景:藤巻准教授が早稲田大学で非常勤講師をしていた2004年、当時、大学院博士後期課程1年のサンキュータツオ氏がその授業を受講。研究分野は異なるが、一応「師弟関係」。以後、研究をしながら芸人として幅広く活躍する彼に注目していた藤巻准教授は、『学校では教えてくれない!国語辞典の遊び方』(角川学芸出版)の上梓を記念して、2013年7月に近大に講師として招聘。今回は、その時とはまた違った観点から、よりパワーアップしたサンキュータツオ節を多くの方に見てもらおうとの思いから企画した。

司会:藤巻和宏
主催:近畿大学文芸学部文学科日本文学専攻

※学外者の聴講も歓迎いたします。入場無料、事前予約不要。


●グーグル提供広告