« 米子工業高等専門学校教員(教養教育科・講師又は助教)の公募について(専門分野:国語)(2016年10月31日 必着) | メイン | 二川宿本陣資料館「判じ絵の世界」(平成28年10月8日(土)~11月27日(日)) »

2016年9月28日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●群馬県立女子大学国文学科連続シンポジウム・第3回 多文化共生と地域日本語教育【司会 権田和士氏】(平成28年11月5日(土)、新館1階 第1講義室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

シンポジウム情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.gpwu.ac.jp/inf/info/info20160926_0000.html

--------------------

【国語国文学は実社会とは縁遠い学問と思われがちですが、人間の活動の多くがことばに支えられている限り、人間と人間の生きる世界に密着した学問です。  今回のシンポジウムでは、国籍や民族の違いに関わらず、誰もが個性や能力を発揮し、活力ある豊かな地域社会の形成を目指す「多文化共生」と、その推進を支える「地域日本語教育」について考えます。  国語国文学やことばに関心のある大学生や高校生はぜひ来場してください。もちろん、県民の皆様も歓迎です。】

日時:
平成28年11月5日(土)
13時00分~14時30分

場所:
本学 新館1階 第1講義室

パネリスト
荒川 洋平(東京外国語大学教授)
齋藤 歩(渋川市役所職員、本学卒業生)
伊藤 健人(群馬県立女子大学准教授)

司会
権田和士(群馬県立女子大学教授)

お問合せ
文学部国文学科研究室
住所 群馬県佐波郡玉村町上之手1395-1
電話 0270-65-8511(大学代表)

申し込み
予約は不要です。当日直接会場にお越しください。

本シンポジウムは平成28年度群馬県立女子大学特定教育・研究課題「国語国文学による社会貢献のあり方を考える教育活動の開発と実施」の一部です。


●グーグル提供広告