« 第77回 講座 歴史の歩き方「近松心中 ―― 元禄を熱狂させた近松浄瑠璃の世界」講師:井上勝志氏・武井協三氏(平成28年12月8日(木)、よみうりホール ※要申込【10.27必着】) | メイン | 法政大学文学部日本文学科学生委員会主催・≪公開文学イベント≫感情の創造・冒険・実験 それから【島田雅彦、田中慎弥、中沢けい、川村湊、木村朗子の各氏】(2016年10月22日(土)、法政大学市ヶ谷キャンパス58年館5階858教室、参加費 一般¥1,000、65歳以上¥500、学生無料) »

2016年9月27日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●大橋崇行『レムリアの女神』(未知谷)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

大橋崇行氏よりいただきました。

9784896425062.jpg

大橋崇行 著
四六判上製288頁 2,000円(税別)
ISBN978-4-89642-506-2 C0093

【博物館の収蔵品をめぐって繰り広げられる
異世界SF冒険ファンタジー

NV暦651年、学芸員見習の大学生・リョウは舞姫ヴィーナと兄妹のような関係だった。リョウはアルバイト先で500年前に滅亡したという「レムリア新王国」の王室画家ナタルの手記の翻訳に着手した。レムリアの歴史を追ううち、リョウはヴィーナがレムリア王族の末裔ではないかと疑い始める......。一方NV暦148年、レムリア新王国の王女サラスは、画家ナタルとある殺人事件の真相を追っていた......。500年の時を隔てた二つの世界が交差する、異世界SF冒険ファンタジー。】

版元公式サイトはこちら
http://www.michitani.com/books/ISBN978-4-89642-506-2.html

大橋崇行 [おおはし たかゆき]
作家、文芸評論家、東海学園大学人文学部人文学科講師。上智大学文学部国文学科卒業後、上智大学大学院文学研究科国文学専攻博士前期課程を経て、総合研究大学院大学文化科学研究科日本文学研究専攻博士後期課程修了。小説の著書に『大正月光綺譚 魔術少女あやね』(辰巳出版)、『ライトノベルは好きですか? ようこそ! ラノベ研究会』(雷鳥社)など。評論の著書に『ライトノベルから見た少女/少年小説史』(笠間書院)、『ライトノベル・フロントライン』(山中智省と共編著、青弓社)などがある。


●グーグル提供広告