« 第336回日本近代語研究会(2016年9月24日(土)、実践女子大学渋谷キャンパス120周年記念館) | メイン | 専修大学 文学部創立50周年シンポジウム『翻訳がひらく未来』【鈴木泰氏「古典の現代語訳について」含】(平成28年10月1日(土)、専修大学生田キャンパス10号館10215教室) »

2016年9月21日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●東海近世文学会10月例会(第265回)(平成28年10月1日(土)、熱田神宮文化殿二階会議室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://toukaikinsei.blogspot.jp/2016/09/blog-post.html

--------------------

日 時 平成28年10月1日(土) 午後3時~5時
場 所 熱田神宮文化殿二階会議室

プログラム          
・研究発表 
「『通俗西遊記』翻訳者西田維則について
――他の訳解作品との比較検討――」
中村 綾 氏(愛知学院大学講師)

・研究発表
「尾張俳人の系譜
――『愛知古今俳人百家撰』を端緒にして――」
冨田 和子 氏(椙山女学園大学助教)

【今年度の例会開催予定】
次回の例会予定日は12月10日(土)です。
1月は未定です。会場は、12月は熱田神宮文化殿会議室、1月は未定です。

【例会中止基準】
午前10時に愛知県、三重県、岐阜県美濃地方の
いずれかの地域に暴風警報が発令されている場合、
その日の例会は中止とします。


●グーグル提供広告