« 『文芸ラジオ』2号発売記念イベント「創作・人工知能・SF―なぜ「書けないのではない、書かないだけだ」になるのかー」登壇者:玉井建也氏、高島雄哉氏、三宅陽一郎氏(2016年9月30日(金)、東京芸術学舎外苑キャンパス) | メイン | サントリー美術館「世界に挑んだ7年 小田野直武と秋田蘭画」(2016年11月16日(水)~2017年1月9日(月・祝)) »

2016年9月 9日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●奥村晃作歌集 『ビビッと動く』(六花書林)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

奥村晃作氏よりいただきました。

978-4-907891-31-2.jpg

●公式サイトはこちら
http://rikkasyorin.com/syuppan.html

奥村晃作歌集
『ビビッと動く』

益々自在かつ軽妙、
定型を束縛とはしない
独自の歌境。
観察と描写、
どこまでも
真面目に邁進する
オクムラ短歌の到達点。

・茶屋の席七人で占め枡を充たす
 地酒「井の頭」の二杯目すする
・必敗の囲碁であったが
 相方がゆるい手打って勝ちが転がる
・鳥達に赤き実すべて食べられて
 イイギリは今まったき裸木
・宮柊二先生に逢い
 学生の佐藤慶子と間なくして逢う
・俊敏の佐藤慶子の鳥のごと
 ビビッと動く脳を思えり
・レオナルド・ダ・ヴィンチの場合
 一点の絵画があれば動員できる

第15歌集
コスモス叢書第1108篇
2016年9月22日発行
四六判上製カバー装236頁
定価:本体2500円[税別]
装幀/真田幸治


●グーグル提供広告