« 明治学院大学・言語文化研究所主催講演会「Lettrure scientifique à l'ère du numérique -デジタル時代における学術的レトリュール-」(2016年9月28日(水)、白金校舎本館1358番教室) | メイン | 三鷹市山本有三記念館 開館20周年記念企画展「銀幕の有三文学」(2016年9月16日(金)〜2017年3月20日(月・祝)) »

2016年9月18日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●高知市立自由民権記念館「中江兆民と『三酔人経綸問答』 ―1世紀の時をへて出現した自筆草稿―」(平成28年10月8日(土)~12月25日(日))・企画展記念講演会、谷川惠一(国文学研究資料館教授)「中江兆民と『三酔人経綸問答』自筆草稿の意義」(平成28年10月8日(土))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.i-minken.jp/

--------------------

企画展
「中江兆民と『三酔人経綸問答』
―1世紀の時をへて出現した自筆草稿―」
平成28年10月8日(土)~12月25日(日)
中江兆民の代表的著作である『三酔人経綸問答』の自筆草稿が新たに発見され、国文学研究資料館の所蔵となりました。
今回出現した草稿は、従来知られていなかった兆民の自筆草稿であり、兆民がこの著作をどのように書き進めていったかを知ることができる貴重な資料です。
自由民権記念館では、国文学研究資料館と共催して、中江兆民の生涯と業績をたどる企画展を開催します。
【会場】自由民権記念館 2階特別展示室
【料金】常設展共通:320円/個人:250円/団体20名以上 その他減免有
【休館日】毎週月曜(月曜が祝日の場合は翌日)、祝日の翌日(土日は除く)
[主催]高知市立自由民権記念館・国文学研究資料館
[お問い合わせ先]高知市立自由民権記念館 TEL:088-831-3336

企画展記念講演会
「中江兆民と『三酔人経綸問答』自筆草稿の意義」
平成28年10月8日(土)
記念講演会では、この草稿について、兆民の推敲の跡をたどり、ほかの資料などとも比較しながら、『三酔人経綸問答』が出版された明治20年(1887)年にさかのぼって分かりやすく紹介します。
【講師】谷川惠一(国文学研究資料館教授)
【会場】自由民権記念館 研修室
【時間】午後2時~4時
※申込不要 入場無料 駐車場有り
[主催]高知市立自由民権記念館・国文学研究資料館
[お問い合わせ先]高知市立自由民権記念館 TEL:088-831-3336


●グーグル提供広告