« ~本の街・神保町と漱石が百年の時を超えて出逢う~夏目漱石没後百年記念「神保町・漱石フェス」開催!(神保町コミュニティプラザ 神保町・漱石フェス事務局のプレスリリース)実施期間:2016年10月8日(土)~30日(日) | メイン | 若山牧水記念文学館・直筆原稿展(2016.9.24〜11.27) »

2016年9月14日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●京都学園大学 人文学部講演会「文学・歴史にみる生と死」 【山本淳子氏「『源氏物語』をめぐる生と死」・平雅行氏「中世の人々の生と死」】(2016年9月25日(日)、京都学園大学 京都太秦キャンパス みらいホール(北館3F)、無料・事前申し込み不要)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講演会情報です。

●情報入手はこちら
http://www.sankei.com/economy/news/160913/prl1609130200-n1.html

--------------------

【●開催概要
いま、私たちはこれまで経験したことのない超高齢化社会を迎えようとしています。そのなかで、死や死後世界のイメージが急速に変容しつつあります。どのように生きるか、そしてどのような死を迎えたいのか、この2つは密接に関わっています。日本の文学・歴史をひもとき、かつて私たちの祖先がどのように生き、どのような死を迎えたのか、一緒に考えたいと思います。】

●開催日時
2016年9月25日(日)13:30~16:00(受付開始 13:00)

●内容
山本淳子(京都学園大学人文学部教授)
「『源氏物語』をめぐる生と死」
平雅行(京都学園大学人文学部教授、大阪大学名誉教授)
「中世の人々の生と死」

●講師プロフィール
山本 淳子  Jyunko Yamamoto
京都学園大学人文学部教授
京都大学大学院人間・環境学研究科修了。博士(人間・環境学)。『源氏物語』を生んだ一条朝の時代像を、文学と歴史の両方の視点から研究している。2007年、『源氏物語の時代-一条天皇と后たちのものがたり-』(朝日新聞社)により、サントリー学芸賞(芸術・文学部門)受賞。

平 雅行  Masayuki Taira
京都学園大学人文学部教授、大阪大学名誉教授
京都大学大学院文学研究科修了。博士(文学)。日本の古代中世の仏教史を、政治・思想・社会史などの諸方面から研究している。『日本中世の社会と仏教』(塙書房)、『親鸞とその時代』(法藏館)、『歴史のなかに見る親鸞』(法藏館)など。

●会場
京都学園大学 京都太秦キャンパス みらいホール(北館3F)
※アクセス:http://www.kyotogakuen.ac.jp/outline/campus/uzumasa/
※京都太秦キャンパスには駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください。

●入場料
無料・事前申し込み不要


●グーグル提供広告