« 横浜市中央図書館 企画展示「細心精緻な幕末絵師『貞秀ワールド』へようこそ」(平成28年8月16日(火)~9月19日(月・祝) 中央図書館1階展示スペース) | メイン | 実践女子大学短期大学部 日本語コミュニケーション学科教員(出版学・編集学、2016年10月11日(火)必着) »

2016年9月 7日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●【新渡戸国際塾公開講演】 能の身体性とその本質 講師:梅若猶彦氏(2016年10月29日(土)、国際文化会館 ※要予約)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講演情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.i-house.or.jp/programs/nitobejuku20161029/

--------------------

講師: 梅若 猶彦 (観世流能楽師)
日時: 2016年10月29日(土) 1:30~3:00 pm
会場: 国際文化会館 講堂
用語: 日本語(通訳なし)
会費: 無料 (要予約)

室町に始まり江戸期に確立された能は禅の思想の「無」と深い関係があり、そこに到達するのは非常に困難だと言われています。世阿弥が芸の最高の極致とした「妙花風」も"公案"(禅問答)のようなメタファーで表現されており、他の芸術論も中国の代表的な公案集である『碧巌録』などからの引用が多いと言います。能にも公案があるのか? またそれは真理に通じているのか? 能の身体性から、現代のリーダーに必要な身体論を講じていただきます。


●グーグル提供広告