« パリ国際シンポジウム「百人一首~みやび・近世大衆文化・世界文学~」[The Hundred Poets: Courtliness, Early Modern Pop Culture, and World Literature](2016年9月19日・20日、19日=フランス国立東洋言語研究所、20日=パリ・ディドゥロ大学にて)※国文学研究資料館共催 | メイン | 八幡市立松花堂庭園・美術館 平成28年度 館蔵品展ll【小特集】生誕130年 吉井勇(平成28年9月10日(土)~10月10日(月・祝)) »

2016年9月15日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●第304回 日文研フォーラム「木下恵介映画の見どころ――忘れられた日本のこころ」(2016年10月4日(火)、ハートピア京都)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

フォーラム情報です。

●公式サイトはこちら
http://events.nichibun.ac.jp/ja/archives/cal/2016/10/04/index.html

--------------------

2016年10月4日 第304回 日文研フォーラム

場所:ハートピア京都 3階大会議室 京都市中京区竹屋町通烏丸東入る清水町375
開場時間:13:40
開始時間:14:00
終了時間:16:00
申込み:不要
受講料:無料
定員:先着180名
概要:
 日本映画が最盛期を迎えた1950年代、黒澤明にならび、木下恵介の映画は圧倒的な人気を集めていました。たとえば、「二十四の瞳」「喜びも悲しみも幾歳月」などの作品は、その時代を共有した多くの日本人の記憶に残っていることでしょう。しかし、高度成長期の上昇気流に乗って、人々の心が敗戦後の状況から遠ざかっていくにつれ、木下映画は急速に忘れられていきました。
 本講演ではこのことを背景に、木下映画の特徴を指摘しながら、映画の可能性とその限界を探ってみたいと思います。木下監督の映画が戦後の一時期、人気を得た理由はどこにあったのか、そして、なぜ木下恵介は「世界の木下」になり得なかったのかを考えます。

PDFダウンロード

内容

発表者 木下恵介映画の見どころ――忘れられた日本のこころ
マッツ カールソン シドニー大学言語文化学部日本学科(オーストラリア) シニア講師 ・ 国際日本文化研究センター 外来研究員
コメンテーター 細川 周平 国際日本文化研究センター 教授
司会 佐野 真由子 国際日本文化研究センター 准教授


●グーグル提供広告