« 市民公開講座「江戸時代の和漢薬と人々の暮らし」(2016年9月24日(土)、富山国際会議場) | メイン | 平成28年度 懐徳堂秋季講座〔第132回〕「懐徳堂展」連携重建懐徳堂開学100周年記念〈総合テーマ〉「よりよく生きるために」(2016年10月29日(土)※要申込) »

2016年9月 6日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●岡田美術館――生誕300年を祝う――若冲と蕪村 江戸時代の画家たち(2016年9月5日(月)~12月18日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.okada-museum.com/exhibition/

--------------------

会期2016年9月5日(月)~12月18日(日)

伊藤若冲の「孔雀鳳凰図」は、本年1月14日の日本経済新聞において83年ぶりの再発見が話題となった作品です。本展では、この蘇った幻の名作を中心に、岡田美術館に収蔵される伊藤若冲の作品全件を一堂に展示します。今年、若冲とともに生誕300年を迎える与謝蕪村や、円山応挙・長沢蘆雪・曾我蕭白・池大雅ら若冲と同時代に活躍した画家たちの作品と併せた約40件をお楽しみください。


●グーグル提供広告