« 図書新聞(2016.9.10)3270号に「藤井貞和著『構造主義のかなたへ』(笠間書院)をめぐって 構造主義が向かってくる――現代の『源氏物語』研究に携わるすべての人々へ・対談 藤井貞和×木村朗子」が掲載 | メイン | 第202回青葉ことばの会(2016年9月17日(土)、明治大学駿河台キャンパス) »

2016年9月 2日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●仙台市博物館 特別展 雪舟と宮本武蔵と水墨画―岡山県立美術館・珠玉の名品―(平成28年9月16日(金)~10月30日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.city.sendai.jp/kyouiku/museum/tenrankai/index.html

--------------------

水墨画は中国で生まれ、日本においても室町時代以降、盛んに描かれるようになりました。特に日本を代表する画家・雪舟(せっしゅう)の活躍によって日本の水墨画は大きく発展しました。

 岡山県立美術館は、岡山出身である雪舟とその弟子たちの作品をはじめ、岡山ゆかりの宮本武蔵(みやもとむさし)、浦上玉堂(うらかみぎょくどう)の作品、さらに日本の水墨画のルーツとなる中国絵画の名品などを所蔵しています。
 本展では、重要文化財を含む国内屈指のコレクションを通して、水墨画の真髄をご堪能いただけます。

■展覧会チラシはこちらからご覧いただけます。
 ・表面(PDF:439KB)
 ・裏面(PDF:835KB)

■会期中の休館日: 毎週月曜日(9月19日、10月10日は開館)、9月20日(火)、9月23日(金)
■特別展観覧料: 一般 1,100円、高校・大学生 600円、小・中学生:300円
  ※10名以上の団体は、当日料金より各100円引き
  ※このほか各種割引があります。詳しくはお問い合わせください。


●グーグル提供広告