« 出版ニュース 2016・9月上旬号(2016.9.1)[Book Guide欄]にて堀 新・井上泰至編『秀吉の虚像と実像』が紹介されました | メイン | 市民公開講座「江戸時代の和漢薬と人々の暮らし」(2016年9月24日(土)、富山国際会議場) »

2016年9月 5日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●第27回書学書道史学会大会(2016年10月1日(土)・2日(日)、滋賀大学教育学部キャンパス)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://shogaku-shodoushi.org/?p=991

--------------------

場所:滋賀大学教育学部キャンパス
住所:〒520-0862 滋賀県大津市平津2-5-1

【10月1日(土) 第1日目】
11:00〜12:50 理事会(第3講義室)
13:00〜 受付開始(大講義室)
13:30〜14:30 開会式・総会(大講義室)
14:40〜15:40 研究発表(大講義室)
①14:40〜15:10 「北魏平城時代の巡行碑について」徳泉さち(早稲田大学會津八一記念博物館)[司会:小川博章]
②15:10〜15:40 「呉隠の「印学」観とその展開」正岡知晃(筑波大学大学院生)[司会:河内利治]
16:00〜17:45 パネルディスカッション(大講義室) ※聴講無料
「書学・書道史学と美術館・博物館の連携を考える」司会:中村史朗(滋賀大学)
コーディネーター:笠嶋忠幸(出光美術館)
パネラー:尾川明穂(五島美術館)、川畑薫(八幡市立松花堂庭園美術館)、星子桃子(名古屋市立博物館)、六人部克典(東京国立博物館)
18:00〜19:30 懇親会(生協食堂内喫茶室)

【10月2日(日) 第2日目】
09:00〜 受付開始(大講義室前)
09:30〜12:10 研究発表・午前の部(大講義室)
③09:30〜10:00 「碑帖拓本デジタルデータに対するメタデータ付与の手法」成田健太郎(東京大学附属図書館)[司会:菅野智明]
④10:00〜10:30 「明清時代の「顔真卿」 ─宋元時代の評価などとの比較を中心に─」宮崎洋一(広島文教女子大学)[司会:大橋修一]
⑤10:30〜11:00 「「扶桑再遊記」にみる羅振玉と日本人 ─社会的ネットワーク分析の視点から─」菅野智明(筑波大学)[司会:弓野隆之]
11:00〜11:10 休憩
⑥11:10〜11:40 「泰山刻石拓本の古文字学的検討」福田哲之(島根大学)[司会:中村伸夫]
⑦11:40〜12:10 「三井本十七帖考 ─香港中文大学文物館北山本との比較をもとに─」澤田雅弘(大東文化大学)[司会:富田淳]
12:10〜13:50 記念撮影・昼食
「巖谷一六遺墨、関係資料展示」(第2講義室)参観
13:50〜15:20 講演会(大講義室) ※聴講無料
「明治初期の巖谷一六とその書法 ─新出の『巖谷一六日記』を基にして─」
杉村邦彦(本学会名誉会員、京都教育大学・四国大学名誉教授)
15:30〜15:40 閉会式(大講義室)


●グーグル提供広告