« 東京外国語大学・企画展「千葉勉と東京外国語学校音声学実験室」(2016年9月20日(火)~9月30日(金)、東京外国語大学附属図書館1階ギャラリースペース) | メイン | 仙台文学館・特別展 にゃんてったって猫~猫と人間の物語~(2016年9月10日(土)~11月6日(日)) »

2016年9月16日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●静岡県立美術館・徳川の平和(パクス・トクガワーナ)250年の美と叡智(2016年9月17日(土)〜11月3日(木祝))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展覧会情報です。

●公式サイトはこちら
http://spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/japanese/exhibition/kikaku/2016/03.php

--------------------

【徳川日本の長い「平和」を築いた人びと、讃えた人びと、享受した人びとのすがたが見え、
息づかいが聞こえてくる―天下泰平の時代が生み出した珠玉の名品が静岡に集結!

徳川将軍家の治世のもと、250年の長きにわたる天下泰平が続いた日本。その初期には御用絵師の制度が確立し、将軍家などの御用を勤めた狩野派の画風が全国に広まりました。徳川の世も半ばにかかると、民間の個性きわだつ絵師たちの活躍により、絵画の世界は多彩に展開していきます。いわゆる「鎖国」体制下にかえって高まった異国への関心から、明清時代の中国絵画の感化のもとに成立した南画や、西洋画の影響を受けて描かれた洋風画のような、新しいスタイルの絵画が現れたことも、重要な出来事でした。やがて、幕末に至り、「徳川の平和」が揺らぎだすと、近代に先駆ける様々な試みが絵画の表現においても認められるようになります。
本展では、駿府で最期を迎えた徳川家康の没後400年を記念して、「徳川の平和」がもたらした奥行き深い豊かな美の世界を味わっていただくことをめざします。】

開催期間
2016年9月17日(土)〜11月3日(木祝)
前期:2016年9月17日(土)〜10月10日(月祝)
後期:2016年10月12日(水)〜11月3日(木祝)

特別講演会
各日14:00~15:30
本展に併せて、豪華講師陣を9名迎え、連続講演会を催します。詳細はこちら
9月18日(日)  小和田哲男氏(静岡大学名誉教授)×芳賀徹(当館館長)
9月19日(月・祝) 河野元昭氏(京都美術工芸大学学長)×小林忠氏(岡田美術館館長)×芳賀徹
9月24日(土) 辻原登氏(作家)×芳賀徹
10月1日(土) 揖斐高氏(成蹊大学名誉教授)
10月8日(土) 延広眞治氏(東京大学名誉教授)
10月15日(土) 内山淳一氏(仙台市博物館副館長)
10月22日(土) 磯田道史氏(国際日本文化研究センター准教授)
10月29日(土) 笠谷和比古氏(国際日本文化研究センター名誉教授)
11月3日(木・祝)泉万里(当館学芸部長)
いずれも会場は当館講堂、申込不要、無料、先着230名様まで


●グーグル提供広告