« 目黒区美術館「色の博物誌-江戸の色材を視る・読む」(2016年10月22日(土)〜2016年12月18日(日)) | メイン | 秦野市・東海大学 平成28年度市民大学[下鳥 朝代氏・鍜治 光雄氏・志水 義夫氏](平成28年9月24日(土曜日)~10月29日(土曜日)、秦野市内に在住、在勤または在学の高校生以上の方。秦野市立図書館2階視聴覚室) »

2016年9月 9日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●東京藝術大学大学美術館・「驚きの明治工藝」展(2016/9/7(水)~10/30(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.asahi.com/event/odorokimeiji/

--------------------

会期
2016/9/7(水)~10/30(日)
※会期中、一部作品の展示替えがございます。
休館日
月曜日(9月19日、10月10日は開館)、10月11日(火)
開館時間
午前10時~午後5時 ※入館は午後4時30分まで
※10月21日(金)、22日(土)は、上野「文化の杜」TOKYO数寄フェス(仮称)開催のため、午後8時まで臨時夜間開館いたします(入館は午後7時30分まで)。

会場
東京藝術大学大学美術館
〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8
[アクセス]
JR上野駅公園口、東京メトロ千代田線根津駅より徒歩10分
京成上野駅、東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅より徒歩15分
JR上野駅公園口から循環バス「東西めぐりん」(東京芸術大学経由)で4分、停留所「東京芸術大学」下車(30分間隔)

【細密、写実的な表現で近年人気の高い明治時代を中心とした日本の工芸作品。この「明治工藝」の一大コレクションが台湾にあることはあまり知られていません。しかもこれらの作品は、すべてひとりのコレクターが収集したもの。この「宋培安コレクション」から100件以上もの名品を、日本で初めてまとめて紹介します。
全長3メートルもある世界最大の龍の「自在置物」、「ビロード友禅」をはじめ、漆工、金工、彫刻など多彩な作品ひとつひとつが魅力を放つ、
すごい! びっくり!かわいい!
驚きがいっぱいの展覧会です。】


●グーグル提供広告