« 芭蕉記念館 特別ミニ展示「芭蕉の妖しい夏」(2016年9月30日(金)まで) | メイン | 富山大学ヘルン研究会主催 2016年度第1回講演会(2016年9月29日(木)、富山大学人文学部) »

2016年9月15日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●富山大学ヘルン研究会主催 2016年度第1回国際シンポジウム「ラフカディオ・ハーン研究の新たな試み ――ヨーロッパ・アメリカ・日本をつなぐもの――」(2016年9月17日(土)、富山大学人文学部)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www3.u-toyama.ac.jp/hearn/

--------------------

富山大学ヘルン研究会主催 2016年度第1回国際シンポジウム
「ラフカディオ・ハーン研究の新たな試み
――ヨーロッパ・アメリカ・日本をつなぐもの――」

日時:2016年9月17日(土)14:00~17:00
場所:富山大学人文学部第6講義室(3F)

Rodger Williamson(北九州市立大学)「Some Lafcadio Hearn Materials from the University of Virginia―ヴァージニア大学所蔵ハーン関連資料について」(発表英語:通訳付き)
濱田明(熊本大学)「ハーンが教えたフランス文学」
廣松 勲(法政大学)「マルティニックのラフカディオ・ハーン:イナ・セゼールによる再話文学」
中島淑恵(富山大学)「ヘルン文庫書き込み調査からわかること―『ギリシア詞華集』を中心に―」

チラシ(pdf)


●グーグル提供広告