« 日本比較文学会 11月例会(2016年11月19日(土)、日本大学文理学部) | メイン | 東京古書組合所蔵資料展(2016年10月4日(火)〜10月15日(土)、東京古書会館2階情報コーナー【入場無料】) »

2016年9月21日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●【周年事業】国際シンポジウム「アニメーションの文化論-日本とフランス-」(2016年11月27日(日)、大手前大学さくら夙川キャンパス ※要申込)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

シンポジウム情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.otemae.ac.jp/news/6183

--------------------

2016年11月27日(日)、さくら夙川キャンパスCELLフォーラムにて、「アニメーションの文化論-日本とフランス-」をテーマに
シンポジウムを開催します。
 日本及びフランスアニメーションの特徴を、歴史、制作、文化の点から分析し、分かりやすく解説をします。
また、実際にアニメーション制作に携わっている立場からの声がきけるなど興味深い内容となっております。
皆様さまぜひお誘い合わせのうえ、お越しください。
※なお、ご案内チラシ(裏面申込書)は現在作成中です。作成でき次第掲載いたします。
  (以下申込フォームからでも申込できます。)

日仏文化交流シンポジウム「アニメーションの文化論-日本とフランス-」

【日時】 2016年11月27日(日)10:00~17:30(終了時間は若干変更の可能性がございます。)

【場所】 大手前大学
     さくら夙川キャンパス CELLフォーラム

【参加費】無 料

【お問い合わせ】大手前大学 交流文化研究所
        TEL:0798-34-6331(大学代表)
        FAX:0798-32-5040

【申込方法】 以下申込フォームよりお申込みください。

■ 『日仏のアニメーションの特徴と差異』申し込みフォーム


●グーグル提供広告