« 全国大学国語国文学会の平成27年度文学・語学賞に、池原陽斉氏「『萬葉集』本文校訂に関する一問題 ―類聚古集と廣瀬本を中心に―」(『文学・語学』213号掲載) | メイン | 大谷大学・任期制講師の公募【日本近現代文学を専門とする教員の公募】(2016年09月15日 ~ 2016年10月15日 消印有効) »

2016年9月15日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●日仏会館フランス事務所・ウィリアム・マルクス(パリ西大学)「文人の生、孔子からバルトまで」(2016年11月02日(水)、1階ホール)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講演会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.mfj.gr.jp/agenda/2016/11/02/02_nov_william_marx/index_ja.php

--------------------

使用言語:フランス語 (同時通訳付き)

日時: 2016年11月02日(水) 18:30〜20:30
場所: 1階ホール
講演者: ウィリアム・マルクス(パリ西大学)

【文人たちはテクストを読み、まとめ、コメントし、次世代に伝え、そして彼ら自身もあらたにテクストを生み出す。このように彼らは文明化の柱であり、その継続を担うのだが、異論を唱えるのもまた彼らの役目である。孔子をはじめとして、キケロや菅原道真、フロイトを経てバルトにいたるまで名のある人々もいるが、陽の目を見ないか全く知られていない文人たちもたくさんいる。彼らは共有の儀式や、似たような習慣、謎めいた類似性による時代や場所を通して秘められた共同体を形成し、つながっている。文人とはどういう人たちなのか?どのように生き、どこに住み、何を糧とするのか?どのような情熱に身を委ねるのか?どのように生まれ、死ぬのか?これほど多くの問いが、現在もなお文人とは存在しうるのか、という最も重大な問いの答えとなるかもしれない。】

【登壇者】ウィリアム・マルクス(パリ西大学)
【ディスカッサント】本田貴久(中央大学)
【司会】ニコラ・モラール(日仏会館・日本研究センター)
【主催】日仏会館フランス事務所
【協力】在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、東京大学


●グーグル提供広告