« 平成29年度山口県立公立学校教員採用候補者選考試験に河北騰『増鏡全注釈』が使用されました | メイン | 京都学園大学 人文学部講演会「文学・歴史にみる生と死」 【山本淳子氏「『源氏物語』をめぐる生と死」・平雅行氏「中世の人々の生と死」】(2016年9月25日(日)、京都学園大学 京都太秦キャンパス みらいホール(北館3F)、無料・事前申し込み不要) »

2016年9月14日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●~本の街・神保町と漱石が百年の時を超えて出逢う~夏目漱石没後百年記念「神保町・漱石フェス」開催!(神保町コミュニティプラザ 神保町・漱石フェス事務局のプレスリリース)実施期間:2016年10月8日(土)~30日(日)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

イベント情報です。

●情報入手はこちら
http://pressrelease-zero.jp/archives/100123

--------------------

【実施期間:2016年10月8日(土)~30日(日)
夏目漱石没後百年にあたる今年、地域限定フリーペーパー「おさんぽ神保町」では、漱石ゆかりの地である神保町で、「神保町・漱石フェス」を下記のとおり開催します。
本の街・神保町は、明治時代、夏目漱石をはじめ多くの文士たちが行き交った街。漱石もこの地で青春時代を過ごし、その作品にも神保町界隈が登場します。このフェスでは、漱石ゆかりの地を巡る街歩きツアーや、謎解き、漱石作品の語りイベント、神保町銘菓セットの販売など、来訪者に神保町と漱石の繋がりを知ってもらいながら街の魅力を堪能していただけるイベントを御用意しました。
街歩き謎解きイベント 『夏目漱石と失はれた百年物語 ~ぼくは先生と想い出の街を歩く~ 』では、"謎解き好き"の若者層を呼び込み、幅広い世代に神保町界隈の魅力を知ってもらうことも狙います。】

◆イベント概要
『夏目漱石と失はれた百年物語 ~ぼくは先生と想い出の街を歩く~』
10月8(土),9(日),10(月祝),15(土),16(日),22(土),23(日),29(土),30(日)
各日、午前11時〜午後6時の間で自由参加(所要時間1~2時間程度)
※事前申込不要
Webページ(http://osanpo-jimbo.com/news/17039
 
『神保町界隈で漱石世界を辿る』
10月12日(水) 午前11時~午後1時
集合:mAAch ecute 神田万世橋
神保町コンシェルジュによる神保町時空探訪ツアー
※お申込み:9月20日(火)午後12時30分より
 Webページ(http://osanpo-jimbo.com/news/17039
『夏目漱石青春の地を歩く』
10月14日(金) 午後1時~午後4時
集合:共立女子大学 2号館
共立女子大学/深津謙一郎教授によるレクチャー&街歩き
※お申込み:9月20日(火)午後12時30分より
 Webページ(http://osanpo-jimbo.com/news/17043
『神保町と漱石と能楽』
10月15日(土) 開演:午後6時~/開場:午後5時30分
会場:らくごカフェ(神田古書センター5F)
能楽師/安田登氏によるトークと漱石作品の語りイベント
※お申込み:9月20日(火)午後12時30分より
 Webページ(http://osanpo-jimbo.com/news/17046
■本イベントに関するお問い合わせ先
 神保町・漱石フェス事務局 メール fes2016@osanpo-jimbo.com
 千代田区観光協会 特設電話 03-3556-0393
 Webページ http://osanpo-jimbo.com/news/17023/
◆イベントのみどころ
おさんぽ神保町Webページ(http://osanpo-jimbo.com/news/17023/)より
●神保町ならではの夏目漱石ゆかりのお宝を拝見!
 街歩きツアーでは、漱石が通った「錦華小学校(現・千代田区立お茶の水小学校)」資料室や、創業時から漱石と所縁の深い「岩波書店」を特別見学。岩波書店では、創業当時に漱石が揮毫した店名の看板や、創業者・岩波茂雄に宛てた漱石直筆の書簡など、岩波書店所蔵の貴重な品々も間近に拝見します!
●街歩き謎解きイベントで物語に参加する
『夏目漱石と失はれた百年物語』 ~ぼくは先生と想い出の街を歩く~
 「やぁ、きみにはわたしの姿が見えるのかね。」神保町で夏目漱石と出会ったあなたは、漱石先生のなくした記憶を取り戻すために、百年前の地図と謎のメモを手に神保町の街を歩き、一体なぜ彼がいまこの街に戻ってきたのかを解き明かし、物語を進めていきます。
 神保町に今年OPENしたボードゲームカフェ「アソビCafe」(代表:あてあずみ。)がコンテンツを制作したこのイベントは、参加者が実際に神保町の街を歩いて謎を解き明かす物語体験型の謎解きイベントです。
●漱石作品を「語り芸」で堪能するイベント
 漱石も愛した謡の世界に触れ、漱石作品を語り芸で味わう一夜。
能楽師/安田登氏と浪曲師/玉川奈々福さんによるトークの後、お二人による漱石作品の語りを聴き、その作品世界をたっぷりと堪能します。
演目:「夢十夜」「吾輩は猫である」他
出演:能楽師/安田登(下掛宝生流ワキ方)、浪曲師/玉川奈々福
●「神保町銘菓セット」の限定販売
 自他ともに認める甘党だった夏目漱石にちなみ、神保町の甘味をセレクトした銘菓セットを販売します。
あんこたっぷりの大丸やき、学士会館の焼印を入れたミニ月餅、亀澤堂と文銭堂の秋の和菓子など、神保町界隈で長く愛される銘菓に、紅茶専門店TAKANOの香り高い茶葉を加えた詰め合わせ。通常は各店舗でしか買えない逸品を一度に味わえる、神保町・漱石フェス限定の銘菓セットです。
販売期間:10月29(土)、30(日) 午前11時~午後6時
販売場所:第26回神保町ブックフェスティバル会場
(すずらん通り・湘南堂書店横テント)
 予定販売数 :200個
◆主催:神保町コミュニティプラザ(「おさんぽ神保町」内、神保町コンシェルジュ活動グループ) 
◆後援:千代田区、一般社団法人千代田区観光協会

☆☆☆「おさんぽ神保町」とは☆☆☆☆
 神保町ファンによる神保町ファンのための地域限定フリーペーパー。編集スタッフは全員ボランティアメンバーで、近隣の住民や勤め人・学生・商店主など、年齢も立場も様々な顔ぶれが「神保町が好きだ」という共通の思いで集まり、神保町界隈の地域の魅力を広く知ってもらうためのお手伝いをしています。
代表:石川恵子
おさんぽ神保町WEB:http://osanpo-jimbo.com/
創刊:2005年、発行:年2回(5月/10月)
約4万部発行、神保町界隈350店舗に設置


●グーグル提供広告